スポンサードリンク

「美白化粧品は効果ない」の真実~本当に意味ないの?

yjimageN2DI4141

年齢と共に増える肌の悩み
しわ、しみ、たるみ、くすみ・・・
一生懸命ケアしていてもできてしまっていることもありますよね?

毎日鏡を見るたびに嫌でも目に入ってくるしみを見て、ため息がでてしまうという人もいるでしょう。

そんな時に私たちが頼りたくなる美白化粧品
毎日のスキンケアの時につけるだけでしみやくすみが綺麗になくなったら・・・

こんなに楽でうれしいことはありませんね。

でも「美白化粧品ではしみは消えない」「効果はないし意味ない!」
なんて話を聞いたことはありませんか?

もしくは実際に自分で体験したけど効果がなかったという人もいるでしょう。
しみ対策のために美白化粧品は本当に意味ないのでしょうか?

スポンサードリンク


「美白化粧品は意味なし」ってほんとう?

yjimageFPQMFGKM

しみ対策というと「つけるだけでしみが綺麗に消える」
なんていう美白化粧品につい頼りたくなりますが、
肌のしみは衣服についたしみのように
漂白剤のようなものでピンポイントに作用して消すものではありません。

美白成分によってそのような効果をうたっている化粧品もありますが、刺激が強くて肌への負担になります。

仮に強力な美白効果のある化粧品でしみだけ消してもしみの原因となる紫外線対策
しみのできにくい健康的な肌を保つ努力をしていなければ、結局また次にできるしみをまるで服についたしみを漂白剤で落とすかのように美白化粧品で消し続けることになります。

衣服だって何度も繰り返し漂白剤を使っていれば生地が傷んできますよね?

実際には美白化粧品と漂白剤ではその成分は全く違いますがつけるだけでしみに効果がある化粧品というのはそれだけ肌にとって負担がかかるということです。

美白化粧品が意味ないのではなく、使い方が重要だということですね。

肌も体の一部です!

「食生活が乱れて胃の調子が悪くなると肌の調子まで悪くなる」
という経験はありませんか?

生活習慣も食生活も乱れていて体の中はボロボロなのに肌だけはしみがなくて張りもツヤもあるなんてことはありません。

美白化粧品で一時的に肌表面のトラブルを改善したって、体の内側からきれいにならなければなんの解決にもなりません。
逆に言えば胃腸などの体内環境を整えてあげれば自然としみのできにくい美肌ができてくるんです。

スポンサードリンク


じゃあやっぱり美白化粧品は意味ないの?

ここまでの話をきくと、
「じゃあ美白化粧品は使わない方がいいのね!」
と思われるかもしれませんが
そういうわけではありません。

私は肌本来の力を引き出すオーガニックコスメをおすすめしていますが、普段どんなに気を付けていてもしみができてしまうこともありますし、いつもより紫外線を多く浴びてしまったという日もあるでしょう。

yjimage[6]

そんな時の応急処置的に美白化粧品を使う分にはおすすめです。

風邪をひいたら風邪薬を飲みますが風邪が治れば薬はもう飲みませんよね?
それと同じで美白化粧品はお肌の緊急トラブル時のお薬のようなものですね。

以上の事からも美白化粧品が意味ないわけではなく、使い方が重要という事がおわかりいただけたのではないでしょうか?

 

普段はオーガニックコスメで肌が自分できれいになろうとする力を鍛えてあげる。

つい紫外線を多く浴びてしまった日や気を付けていてもできてしまったしみには
美白化粧品でケアをしてあげるというように使い分けをするといいですね。

スポンサードリンク



ブログランキングに参加しています♪
応援よろしくお願いします!
あなたの応援で今日もがんばれます^^


人気ブログランキング

 

コメントを残す