スポンサードリンク

葬式にネックレスつけないのはマナー違反?

7482dfade014dafbf6791bf7c0c0e818_s

お葬式に参列する際に
女性が気になることのひとつが、
アクセサリーのマナーです。

葬儀に参列する際
アクセサリーはつけてもいいのか、
また逆に、つけないことが
マナー違反となってしまうのか、
気になるかと思います。

ここでは、お葬式につける
ネックレスに関するマナーについて
見ていきましょう。

スポンサードリンク



喪服にアクセサリーは必要なの?

そもそもお葬式に
アクセサリーをつけてもいいのでしょうか。

お葬式というと
お別れをする場所なので、
「アクセサリーなんてつけて行ったらいけない」
という人もいるかと思いますが。

しかし、マナーとしては
真珠の一連ネックレスをつけることが正しいのです。

男性が
スーツにネクタイをつけるように、
お葬式の際には
女性は真珠をつけることが
セットのように考えられています。

これは、欧米のマナーにおいて
葬儀などの厳粛な儀式に参列する場合
アクセサリーをつけないことは
失礼にあたるという考えに倣ったものです。

ただし、日本では
アクセサリーを何もつけずに
控え目に悲しみを表現するという考え方もあります。

ちなみに、
ネックレス以外のアクセサリーで
イヤリングピアスなどをつけるのは
避けたほうがいいでしょう。

葬式につけてもいいネックレスって?

お葬式につけるアクセサリーとして
最もふさわしいとされているのが、
涙の象徴とされている真珠です。

真珠ならば、黒・グレー・白の
どの色のものでも構いません。

ただし、真珠の球が大きすぎると
華やかなイメージを与えてしまうため
直径7~8ミリの大きさが最適とされています。

また、ジェットという流木が化石化したものや
オニキス黒珊瑚も、
故人を追悼するために身に着ける
モーニングジュエリーなので、
お葬式で身に着けてもいいのです。

葬式につけてはいけないネックレスって?

では逆に、
つけてはいけないネックレスには
なにがあるか見ていきましょう。

  • ダイヤやゴールドなど
  • 大きくて目立つもの
  • ロングタイプのもの

これらは、
派手なイメージを与えてしまうため
お葬式で付けるのは控えましょう。

また、真珠であっても
二連や三連のネックレスは、
悲しみが重なるということから
マナー違反になります。

気をつけてくださいね。

和装の場合は、
結婚指輪以外のアクセサリーはつけてはいけません。

まとめ

いかがでしたか?

女性は、お葬式で真珠のネックレスを
つけることがマナーとされているのですね。

ただし、
地域や風習によっても異なるので確認が必要です。

スポンサードリンク