スポンサードリンク

【葬式マナー】花代について解説

e09925745a0eb2d8e22fd2fc8485cc90_s

みなさんは、
お葬式におけるお花代について詳しく知っていますか?

“お花代”という言葉自体は
聞いたことがあるけど

よくわかっていなかったり、
もしかしたら
初めて耳にしたという方もいるかもしれません。

今回は、
お葬式のお花代について詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク



お花代って何?

お花代と言うのは、
亡くなった方の祭壇に供えるお花を
用意するためのお金のことです。

お葬式に参列する際に包むお金ですが
香典とお花代は
別に包んで渡すものとされています。

なぜかと言うと、
香典はご遺族に渡すもので、
お花代は
葬儀業者や花屋に払うものとされているからです。

お花代の相場はどれくらい?

お花代の金額は、
故人との関係や年齢によって異なるものです。

故人が、

  • 自分の両親の場合には3万円~10万円
  • 兄弟の場合は3万円~5万円
  • 祖父母・叔父叔母の場合は1万円~3万円
  • 職場の関係者や友人知人の場合だと5千円~1万円

というのが一般的な金額です。

家族葬の場合は、
故人の家族がお花代を辞退していることもあるので、
確認が必要です。

また、参列者が
お花代を等分に負担するという場合もあります。

お花代の書き方

お花代をいれるのは、
不祝儀袋か無地の白い封筒です。

表書きは「御花代」と書き、
不祝儀袋の場合は
水引きの下に名前を縦書きにします。

白い封筒の場合は
封筒の半分より下側の中央に縦書きで書きます。

名前はいずれも、
表書きの“お花代”より
やや小さめに書きましょう。

“悲しみの涙で墨が薄くなってしまった”ことを表現するために
薄墨を使うのがマナーです。

お花代の包み方

お花代を入れるのは
不祝儀袋、白い封筒、どちらでもいいでしょう。

不祝儀袋を使用する場合、
水引きが印刷されたものは1万円未満

1万円以上になる場合は
白と黒の水引きが付いたもの、

3万円を超える場合は
銀色の水引きがかかったもの

というように、
包む金額によって使い分けるのがマナーです。

お金は、新札を入れるのは避けましょう。

また、お札の向きは必ず揃えましょう。
“お悔やみのため顔を伏せている”
という意味で、
肖像がない裏面を前にして入れます。

まとめ

お葬式でのお花代について、
意外と知らないことも多かったのではないでしょうか。

恥をかかないために、また相手に
気持ちよく受け取ってもらうためにも
お花代の書き方や包み方など、
知っておくといいですね。

スポンサードリンク