スポンサードリンク

お風呂でも痛い肩こり!正しい入浴の仕方とは?

2017y05m26d_144828747

毎日辛い肩こり。

現代社会では
PCやスマホ、ストレスなど
肩こりの原因となる要素が
たくさんあふれています。

お風呂に入ることで
辛い肩こりを解消している方も多いかと思いますが、

入り方を間違えると
肩こり悪化の原因にもなるのです!

ここでは肩こりを解消するための
正しい入浴方法をご紹介していきます。

スポンサードリンク



肩こりの原因は?

肩に触ってみると
固くなっていたり、張っていたり…。

これは肩の筋肉が
緊張状態になっているのです。

この状態が長く続くと
血液の循環が悪くなり
さらに悪化する要因となります。

一度悪化してしまった肩こりは、
なかなか解消されないから厄介なものです。

毎日のリラックスタイムで肩こりを解消

お風呂の中で肩のマッサージをしたり
温めたりする方も多いのではないでしょうか。

温かいお風呂に入っているだけでも
ホッと心が和みますよね。

それでは、
お風呂に入る際の注意点をお伝えします。

①熱すぎるお風呂は要注意

肩こり解消のためには
首と肩を温める事が大切です。

硬く、こり固まった筋肉を
柔らかくほぐしてあげてください。

熱すぎる温度では逆効果です。

温度は40~42℃が最適で
じんわりと肩を温めましょう。

その時、
湯船で温めたタオルを首に巻くと一石二鳥です。

首と肩の筋肉はつながっているため
より効果を発揮します。

②シャワーだけですまさない。

体を温め血液の流れを改善することで
筋肉の緊張もほぐれ、
肩こりを解消することができます。

シャワーだけでは
すぐに体が冷えてしまい悪化する原因になります。

しっかりと体を温めましょう。

③入浴時間は15~20分がベスト

肩までしっかりとつかって
体の芯から温めましょう。

じんわりと温めることで
筋肉がほぐれ痛みが和らぎます。

この時、入浴剤を使うのもおすすめ。

入浴剤はさまざまな効果のものが
売られています。

自分に適した効果や
好みの香り香りで選んでみましょう。

④湯船でストレッチ

せっかくの入浴時間を有効に活用しましょう。

ストレッチをすることで、
血液の流れをより促進してくれます。

オススメのストレッチ方法をご紹介しますね。

いかがでしたか?

一日の疲れを癒し、
疲労物質を流してくれる毎日の入浴タイム。

お風呂の入り方ひとつで、
肩こりが快方に向かうのであれば
嬉しいですよね。

好きな入浴剤を使ってみたり、
音楽を聞きながらマッサージをしてみたり。

肩こりの原因が溢れている現代社会だからこそ、
その日の疲れはその日のうちに。

痛みと一緒に解消したいものですね。

スポンサードリンク