スポンサードリンク

肩こりの痛みが移動する原因って?

addd4905edf29c1249b7e85635b12a05_s

肩こりの痛みは辛いものですが
「昨日まで左側が痛かったのに
今日は右側が痛い…」

このように、
肩こりの痛みが移動することはありませんか?

今回は肩こりの痛みが移動する原因についてご紹介します。

スポンサードリンク



肩こりの痛みが移動するのはどうして?

なぜ肩こりの痛みが移動するのでしょうか。

原因のひとつが
脳のはたらきによるものです。

脳は痛みを感じると、
一番強く痛みを感じる場所
よりはたらくようになっています。

その為、右肩が痛く感じても
翌日左肩の痛みが強ければ、
より、痛みを感じるので
私たちは痛みが移動したように思うのです。

また、肩こりと言っても
肩だけが痛むわけではありません。

肩こりとは、
首から背中の上部、上腕までの痛みや
圧迫感、不快感をひとまとめにして
肩こりというので、

負担がかかる場所が変われば、
痛みが発生する場所も変わります。

何となく痛いけれど、
どこが痛いのかがはっきりせず
痛みが移動したように感じる…。

鈍痛や、不快感、重苦さなどの症状は
肩こりと判断しにくく、
自分自身ではどこが原因なのか
はっきりしない事もあります。

毎日肩への辛さを感じている人は
痛みに慣れてしまっていることもあるでしょう。

移動する痛みの対処法は?

肩こりの移動する痛みは
どう対処したらいいのでしょうか。

肩こりになりやすいのは
大きく分けて

  • 肩の真ん中
  • 肩甲骨の間
  • 首筋

この3ヶ所があげられます。

肩の真ん中の痛み

肩の真ん中には
僧帽筋という筋肉があり、
『肩こりと言えば僧帽筋』という位に有名な筋肉で、
緊張すると肩全体に圧痛を認めます。

血流が悪くなり
乳酸などの疲労物質がたまるので、
この筋肉のコリをほぐすことによって痛みが和らぎます。

肩甲骨の間の痛み

肩甲骨の間には肋骨があり、
全体に菱形筋という筋肉があります。

また、この部分を柔らかくすると
肩こりだけでなく
頭痛予防にもなります。

首筋

首は細い骨と筋肉で頭を支えている為
疲れがたまりやすく、
痛みも出やすのです。

首筋から肩へと
痛みが広がっていく場合もあるので
早いうちに対処したいところです。

首を冷やさないように温めたり
血の巡りを良くすることによって、
疲労物質や流れやすくなり
痛みが楽になっていきます。

まとめ

肩こりの痛みが移動する原因をお伝えしました。

いかがでしたか?

肩こりと言っても肩だけではなく、
背中から上に広い範囲で発生します。

また、
関係してくる筋肉もさまざまです。

自分の痛みの原因を見つけ
対処していくことで、
辛い肩こりから解放されたいですね。

スポンサードリンク