スポンサードリンク

タイミングが難しい!~二歳次女のトイトレ~

二歳の次女がここ数日で急にトイレに行くようになったんです。

images

今までトイレに連れて行っても全く出なかったのに
急に自分から「トイレいこーよー」って言い出したんですよ。

しかもちゃんとおしっこ出てる!

それから朝起きた時もぱんつが濡れてない!
おしっこしてないんです。

もう少し暖かくなってから・・・と思ってたのですが
これはもう始めるしかない!
と思って本格的にトイレトレーニングを開始しました。

スポンサードリンク


今回はこの曲をBGMに読んでみてください(笑)

 

トイトレははいつから?平均的な時期って?

オムツはずれには個人差がありますが
最近は子供の成長に合わせて
ゆっくり進める
という風潮ですね。

とはいってもママにしてみたらまわりの子が順調にオムツはずれしていたら
どうしても焦ってしまうこともありますよね。

紙オムツ代もばかにならないし
なにより子供が一人でトイレに行けるようになったら
どれほど楽になるか・・・など
思うところは人それぞれですが

あくまで目安程度にいえば2~3歳でオムツはずれする子が多いようです。

トイトレを始める時期としては
・おしっこの間隔があくようになってきた(目安として2時間くらい)
・「おしっこ」「トイレ」などの言葉を理解できるようになってきた
・トイレに興味をもってきた

などがありますね。

長女のときのトイトレ

長女のときも同じく二歳を過ぎたころからトイトレをはじめましたが
長女が人見知りだったので、幼稚園の集団生活で同い年の子たちと過ごすことが
良い刺激になれば・・・と、なんとか幼稚園に入れたかったので
私もかなり必死にトイレトレーニングしていました。
(その幼稚園は紙おむつNGだったので)

長女は言葉はわりと早かったのですがおしっこの間隔が全然あかず
いつもオムツは濡れているような状態でした。

images

最初は補助便座に座らせるだけ

まずはトイレにセットした補助便座に座らせるところから始め
嫌がる様子もなかったので次は一時間に一回づつトイレに誘って座らせました。

当時子供チャレンジをやっていたので教材に入っていたトイレの歌をうたいながら・・・
するとおしっこはでないもののトイレに行くこと自体は気に入ったらしく自分から
トイレに行きたがるようになったのです。

といってもトイレに行ったばかりでまたすぐ「おしっこ」といって
トイレに行きたがる・・・でも出ない、の繰り返しで
数日もたたないうちに私も「もういい!」となってしまいました(汗)

スポンサードリンク


思い切って紙パンツをやめてみた

なかなか進まないオムツはずれにあせりながら次に試したのは
「思い切って紙パンツをやめてしまう」
という方法でした。

人から聞いて試したのですがこれに関してはもう惨敗でした

一日中パンツの洗濯とじゅうたんの掃除をするはめに・・・

images

でも、これは子供によっては効果があるようで
紙パンツをやめたら急にトイレに行くようになったという子もいるので
試してみてもいいかもしれませんね^^

何回も挫折しながら、でも幼稚園には入れたい!という思いでトイトレを
続けていると、ある日タイミングよくトイレでおしっこがでたんです!
私はもちろんうれしかったですが

長女のうれしそうな満足げな表情も忘れられません^^

それを期に少しづつ成功する数が増えてきて
何とか入園式には紙おむつを卒業できました♪

トイトレにシールを使ってみる

トイレに行くこと自体を嫌がる子には
シールを使うというのもいいですね。

子供のお気に入りのシールを買ってきて台紙はトイレに置いておき
シールはリビングなどに置いて、トイレに行くときに持っていくという感じですね。

トイレに楽しく行くこととが目的なので
ルールはなんでもいいと思います。

トイレに座ったらシールを貼るでもいいし
おしっこは1枚うんちは2枚でもいいですね。

子供向けの雑誌の付録などにトイトレ用のDVDがついてることがあるので
それを見せているとトイレに興味を持つようになったという子もいます。

いまならユーチューブなんかでも簡単に探せますよ♪

とっても順調な次女のオムツはずれ

そろそろオムツはずれトレーニングしないとなぁと思っていた矢先に次女が
自分から「トイレいこー」といいだして、しかも順調に進んでいるので私としては
こんな楽なことはないという感じですね。

images

上にお姉ちゃんがいるという影響もあるようです(なんでもマネしたがるので)
あとは一人で行けるようになってくれたらママもとっても楽になるんだけどな♪

夜のオムツはずれはトレーニングできない

昼間はオムツ卒業している4歳長女ですが寝るときはまだ紙オムツをしています。

まわりのお友達は夜もオムツを卒業してる子が増えてるなかでちょっと親として
焦りを感じてしまうことも正直ありますが

夜のオムツはずれはトレーニングできるものではないそうです。

かといって、夜中にトイレに起こしてしまうと膀胱におしっこを溜めるための
成長を妨げてしまいます。

夜のオムツはずれは膀胱がおしっこを溜めておけるように
成長していることが重要なんだとか。

というわけで今はのんびり長女の成長を見守ってるのですが・・・

オムツはずれには姉妹でも個人差がある

次女が夜もおしっこをしなくなったので朝起きた時に
思いっきり褒めてあげたいんですが・・・

長女も妹の方が夜おしっこをしていないということを若干気にしているようで
お姉ちゃんの手前あまりほめ過ぎるのもどうかな・・・とも思ったり。
どうしたものかと考えたのですが

私の結論は・・・

そんなことを考えてる方が不自然だし不健康!
褒めるときは思いっきり褒める!

もちろん長女と次女を比べることはしないし、長女にも気にする必要はないと伝えます。

娘二人のトイレトレーニングを通して思ったこと

オムツはずれには個人差があるということ。
そしていつかはとれるということです。

まだこれから三女のオムツはずれも控えてますし
(その前に離乳食とか卒乳とかあるけど)

次女もまだ完ぺきにオムツがとれたわけではないので
これから失敗することもあるでしょうし
急にできなくなることもあるでしょう。

あせらず気長に付き合っていきたいと思います^^

 

スポンサードリンク


ブログランキングに参加しています♪
応援よろしくお願いします!
あなたの応援で今日もがんばれます^^


人気ブログランキング

 

コメントを残す