スポンサードリンク

後払いって可能?出産費用の支払い方をまとめてみた!

2017y05m26d_114028509
妊娠してから出産までの準備の中でも
気になるのが出産にかかる費用ですよね。

「出産費用が事前に準備できなかった」

という家庭も多く、

「後払いで支払うことはできないだろうか?」

と頭を悩ませている夫婦も少なくないようです。

出産する病院や自治体によってかかる費用は異なりますが、

  • 出産にどのくらいの費用がかかるのか
  • どのような支払方法があるのか
  • 後払いは可能なのか

今回ご紹介させていただきますね。

スポンサードリンク



出産費用の後払いは可能?

出産予定日までに出産にかかる費用を用意することが難しい場合は

「後払いで支払いがしたい」

と思いますよね?

出産費用を後払いで支払うことは可能なんでしょうか?

まずは、
出産費用の目安となる相場や
支払い方法について見ていきましょう。
出産には「出産一時金直接支払制度」というものが適用されます。

この制度は、
加入している健康保険組合から
直接病院に出産一時金42万円が支払われる制度で、

退院手続きの際に多額の現金を用意せずに
42万円を超えた費用のみを支払う制度となっているため、
出産する際にほとんどの方が利用する制度となっています。

病院によって出産にかかる費用は異なりますが
大体50万弱という病院が多く、

帝王切開になるのか、自然分娩になるのか、
出産は土日か平日かにもよって費用も変わってきます。
帝王切開の場合、
出産一時金を利用しても高額な医療費となってしまうため
その負担を少なくするために「限度額適用認定証」という制度もあります。

これは、加入している健康保険組合に申請し
組合から来た書面を病院側に提出すると適用されますが
収入により適用額が異なりますので
病院や健康保険組合に確認してから申請するようにしましょう。

帝王切開が決まった際に
病院側からこの制度を申請したか必ず聞かれるはずですが
この申請をしないと高額な支払いになってしまう場合もありますので
しっかり確認しておきましょう。

 

上記の制度を利用することができるので
通常は出産にかかる費用を全額用意する必要はありません。

それでも
「追加で発生するかもしれない費用を後払いにしたい」

という場合は、
クレジットカードを利用して支払うと
必然的に後払いでの支払いが可能になります。

病院によって、クレジットカードが非対応の場合もありますので
後払いを考えているのであれば事前に病院に確認しておきましょう。
また、病院によっては
出産にかかった費用を後払いで希望した場合
請求書を後日送ってくれる場合もあるので
出産費用を準備できないという場合は
病院に相談してみましょう。

まとめ

出産費用は

  • 出産一時金直接支払制度
  • 限度額適用認定証

といった制度があるので全額負担する必要はありません。

追加分の出産費用を後払いにしたいという場合は

  • クレジット払い可能の病院を探す。
  • 後払い希望であると病院に相談してみる。

という方法がありますが
どちらにしても早めに病院に確認、相談することが大切です。

お金のことで不安を抱えたまま妊娠生活を送るのは
おなかの赤ちゃんにもいい影響を与えませんから早めに対処していきましょう。

参考になれば幸いです^^

スポンサードリンク



コメントを残す