スポンサードリンク

カフェインが妊婦、胎児に与える影響!一日の許容量は?

611a2410258f334a9b83e8698cf76cc0_s

妊娠したら
カフェインは摂らない方がいいというのはご存知でしょうか?

「そんなの知ってるわ。」
「常識でしょ?」

なんて答えたそこのあなた!

なぜ、妊娠中はカフェインを取ってはいけないのかその理由
知っていますか?

今回は
カフェインが妊婦の体や胎児に
どんな影響をあたえるのかを
説明していきたいと思います。

妊娠中に摂取しても大丈夫な
カフェインの一日の許容量も紹介しますね♪

スポンサードリンク



カフェインが妊婦や胎児に与える影響って?

それでは、カフェインが
妊婦や胎児にどんな影響をあたえるのか

それぞれ見ていきましょう。

カフェインが妊婦に与える影響

「夜コーヒーを飲むと眠れなくなる」
という話を聞いたことはありませんか?

カフェインを過剰摂取すると、神経が興奮状態になりそれによって
眠れないという事が起こるんですね。

他にも利尿作用心拍数の増加なども挙げられますが、
カフェインは鉄分吸収を妨げるとも言われていて、
血液を通して赤ちゃんへ栄養を送る必要があり貧血になりやすい妊娠中は
カフェインの摂取量に注意する必要があります。

 

カフェインが胎児に与える影響

妊娠中のママにとってお腹の赤ちゃんに与える影響
一番気になるのではないでしょうか?

カフェインが胎児に与える影響とはなんでしょうか?

妊娠中は、胎盤を通して胎児はママから栄養をもらっています。
いい栄養も悪い栄養も胎盤から赤ちゃんに渡ってしまうんですね。
もちろんカフェインも。

そして、それが原因で流産や早産の原因になり、
発達障害や低出生体重児のリスクも増えると言われています。

妊娠中のカフェイン上限、一日の許容量はどのくらい?

お酒はだめ、たばこはだめ、食べ過ぎは良くないけど
栄養はバランスよく摂らなければいけない。
大切な命を守るために何かと制限されることが多い妊娠生活。

私も、たばこは吸わないものの、食後や休憩時間など時間があれば
コーヒーを飲みたい人だったので「妊娠中はコーヒー禁止」
なんてことになったらそのストレスは想像を絶します(汗)

私ほどのコーヒー中毒者はあまりいないかもしれませんが、

「一日一杯のコーヒーくらい飲みたい!」

そう思う人もいるのではないでしょうか?

そこで、
妊娠中のカフェインの上限、一日の許容量についてまとめました。

あくまで目安ですが、コーヒーなら一日150㎎から200㎎
カップ1杯から2杯程度は飲んでも大丈夫でしょう。

アメリカでは一日300㎎まではOKとされているようですよ。

私の場合は一日一杯のコーヒーを三回ほどにわけて
朝、昼、夜とちょびちょび飲んでいました。

我ながら「そこまでして飲みたいか?」という感じですが
コーヒー好きってそんなもんなんです(笑)

でも今思えばカフェインレスのコーヒーって売ってるんですよね~。
なぜ妊娠中に気付かなかったんだろうと思うのですが…。

カフェインレスといっても
全くカフェインが入っていないわけではありませんが

「コーヒーをどうしても飲みたい!」
「でも赤ちゃんへの影響が心配!」

というママにはおすすめですね。

スポンサードリンク



 

コメントを残す