スポンサードリンク

7ヶ月、8ヶ月までの赤ちゃんはお正月の帰省も要注意!

2017y06m08d_023530364

 

赤ちゃんのふとしたしぐさや表情、笑顔をみると
日々の疲れなんて吹っ飛んでしまうくらいの癒しをもらうことができますが

そうはいっても毎日赤ちゃんのお世話をしていると

  • 夜泣きで寝不足…
  • 後追いが始まってトイレも思うようにいけない。
  • 「まだハイハイしないの?」などと周りからのプレッシャーがキツイ

などなど日々大変な思いをしているママさんも多いでしょう。
そんなママにとってさらに神経を使わなければいけない
ビックイベントがもうすぐやってきますね。

そうお正月の帰省です。

赤ちゃん連れの帰省は今年がはじめてというママもいるでしょう。

「おじいちゃん、おばあちゃんに孫をかわいがってもらって

私はゆっくり羽を伸ばさせてもらうわ♪」

「実家に帰省って…何が大変なの?」

なんて思ってるママさん。
帰省してからこんなはずじゃなかった!
とならないために
お正月赤ちゃん連れで帰省したときの思わぬトラブルをまとめました。
帰省前にしっかりチェックしていきましょう。

スポンサードリンク


 

お正月の帰省、赤ちゃんは何ヶ月なら大丈夫?

実家が近くにあればいいですが何時間もの移動になると
赤ちゃんへ負担がかからないかちょっと心配ですよね?

 

飛行機の場合であれば規定では生後8日から乗れることにはなっています。

ただ、まだまだ抵抗力の弱い赤ちゃん。
慣れない長時間移動で疲れて体調を崩したり
病気をもらってきたりすることも考えられるので
早くても生後1ヶ月は過ぎてからにしましょう。

赤ちゃん連れの帰省はその道中だけで
ママにとっても赤ちゃんにとってもストレスになりますし、
お正月はちょうどインフルエンザの流行時期

1歳未満の赤ちゃんだとインフルエンザの予防接種が打てないので
感染の心配もありますよね。

無理に帰省せずにママと赤ちゃんのタイミングで判断しましょう。

 

 

赤ちゃん連れの帰省にはこんなトラブルが…

いざ帰省してみるとこんなトラブルが起こることがあります。

  • 赤ちゃんが人見知りで…ママがゆっくりする時間は意外とない!

おじいちゃんおばあちゃんもかわいい孫とは遊んであげたいんです。
でも7ヶ月~8ヶ月くらいの赤ちゃんだと
ちょうど人見知りが始まる時期でもあります。

久々に会ったおじいちゃんおばあちゃんに人見知りをしてしまう子もいます。
子供を預けてゆっくり…どころか、
いつもよりママにべったり~で大変!という事態になることもあります。

  • 赤ちゃんに勝手におやつを与えられる

孫に人見知りされ、抱っこすれば泣かれ…
そんな時におじいちゃんおばあちゃんが次にとる行動、それは…
おやつでご機嫌取りです。

孫可愛さについ飴やらチョコやらおやつをあげてしまうこともあります。
普段から近くに住んでいてコミュニケーションがとれている間柄なら
「まだチョコとかあげてないんですよ~」
と軽く言える場合もありますが
年に数回しか顔を合わせない義両親だとなかなか言い出せないということも…。

赤ちゃんの健康管理に気を使っているママにとってはかなりのストレスに。

  • 何もしないパパにイライラ…

久々に実家に戻ったパパはすっかりのんびりモード。
日ごろの仕事疲れを今とるんだとばかりにテレビの前でごろり。

自宅であれば「ちょっと子供見ててよ~」
なんてことも言えますが
義両親がいる前だとそういうわけにもいかず…。

何もしないならまだしも、中にはママと子供を置いて自分だけ出かけてしまうパパも!

 

赤ちゃん連れのお正月の帰省。ママはゆっくりなんてできない!

子供がもう少し大きくなれば子供同士で遊んだり
おじいちゃんおばあちゃんと一緒に出掛けたりするようになりますが
7ヶ月、8ヶ月くらいの赤ちゃんだとそうはいかないことも多いんですね。

さらに子供が小さいからといって完全に「お客様」になっているわけにも
いかないのがお正月の帰省です。

「しょっちゅうあることじゃないから、この日だけは何とかがんばろう!」
と前向きに考えられたら一番いいですが
赤ちゃんやママの体調次第では無理に帰省しないことも選択肢に入れてくださいね。

スポンサードリンク


ブログランキングに参加しています♪
応援よろしくお願いします!
あなたの応援で今日もがんばれます^^


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す