スポンサードリンク

七日正月って?七草粥の意外にうれしい効果とは?

2017y07m12d_215913560

お正月といえばおせち料理にお雑煮、
主婦は年末から準備に大忙しですよね。

そして、あわただしく3が日が過ぎると
1月7日には五節句のはじめとなる
七日正月がやってきます。

今回は七日正月の起源や
その日七草粥を食べる由来と、意外にうれしい効果など
七日正月についてまとめてみました。

スポンサードリンク



七日正月の起源とは?祝う意味って?

七日正月と書いて「なぬかしょうがつ」と読みます。
5節句のはじめとなるのが人日(じんじつ)といわれるこの日です。

ちなみに五節句とは

・1月7日 人日(じんじつ)
・3月3日 上巳(じょうし)
・5月5日 端午(たんご)
・7月7日 七夕(しちせき)
・9月9日 重陽(ちょうよう)


平安時代の半ばに中国から日本に伝わり

江戸時代に庶民に広まりました。

元旦は鳥の日
2日は犬の日
3日は猪の日
4日は羊の日
5日は牛の日
6日は馬の日
7日は人の日となっていて、
その日それぞれを占い8日には穀を占って
新年の運を占っていたということです。

1月7日の朝に七草粥を食べることで
無病息災、豊年、立身出世を願っていたんです。

その習慣が日本にも伝わり今に至るんですね。

スポンサードリンク


春の七草、七草粥の意外な効果とは?

 

今では1月7日は門松など、お正月飾りを飾っておく期間である
松の内最後の日で(地域によっては15日のところもあります)
七草粥がお正月のご馳走やお酒で疲れた胃腸のケアにもなっているというわけです。

消化の良いお粥と、不足している青菜の栄養を補給し
体にパワーを取り入れます。

七草粥に入れる春の七草といわれている
セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナスズシロには
女性にとってこんな良い効果もあるんですよ。

 

7草の効果

・セリ
鉄分を多く含んでいる為女性には欠かせません。
食欲を増進させてくれます。
・ナズナ
ぺんぺん草とも呼ばれています。
解熱や利尿作用があります。
・ゴギョウ
草餅にも使われています。
風邪予防や解熱作用があります。
・ハコベラ
ビタミンAを多く含み、腹痛を和らげてくれます。
・ホトケノザ
食物繊維を多く含みます。
・スズナ
カブの事です。いろんなビタミンを含んでいます。
・スズシロ
大根の事で消化を良くしてくれる働きがあり、
体を温める作用があるので風邪予防にも効果があります

スーパーで七草粥のセットとして売っていることもあるので
気軽に作ることもできますよ♪

地方によっては七草の種類や数も異なることがありますが
七草粥を食べることで今年一年間の家族の無病息災を願い
自然の恵みに感謝し、無事に過ごせる事を願うのは同じですから
それを理解して七日正月を行うとより心に響くような気がしますね。

そして、子供に孫にと伝え続けていきたいものです。

スポンサードリンク



コメントを残す