スポンサードリンク

母乳をたくさん吐く赤ちゃん!病院に行くべき?

ea8d1ec62ab5e3296445dbb085f865ed_s

赤ちゃんに母乳を上げるのはママにとって、とても重要なお仕事だとも言えますが、だからこそ、不安になったり、心配になったりするものですよね?

「赤ちゃんが母乳をたくさん吐く」

「母乳を飲んで蕁麻疹が出た!」
などなど、
心配事は尽きないものです。

そこで今回は、母乳育児の悩みを解消するべく、母乳をたくさん吐いてしまう場合や
蕁麻疹がでる場合について原因や対処法をまとめました!



母乳をたくさん吐く赤ちゃん!病院に行くべき?

a0001_006373

赤ちゃんの場合、まだ胃の形がまっすぐで未熟なので母乳を飲み終わっても、逆流してしまい吐いてしまうというのはよくあることですが、あまりにたくさん吐くようだとやっぱり心配になりますよね?

新米ママにとっては病院に行くべきかどうか悩むこともあるでしょう。

母乳を飲ませていると、赤ちゃんがどれだけの量飲んだのかよくわからないので大量に飲んでいた場合は胃に収まりきらずに吐いてしまうこともあります。

また、母乳と一緒に空気も吸い込んでいるので、うまくげっぷが出来なかった時なども空気と一緒に吐いてしまうこともあるんですね。

たくさん吐いて心配な時でも、赤ちゃんが普段通り機嫌が良ければあまり心配することはありません。

しかし、毎日たくさん吐くようなら、栄養不足脱水の心配も出てきますので、小児科へ受診してみた方がよいでしょう。

また、吐いた母乳が黄色かったり、血が混じったような赤色が混じっている場合は胆嚢や胃の疾患かもしれないので診てもらう必要があります。

中でも一番心配なのが幽門狭窄症という病気です。
幽門狭窄症とは、胃の出口部分の筋肉が分厚くなり胃の内容物が胃から先に入っていかないと言う病気で、赤ちゃんが母乳を噴水のように噴出する・体重が減るなどした場合は、すぐに病院に行くことが必要です。

赤ちゃんがたくさん母乳を吐いて心配なとき、まずあせらず赤ちゃんの様子を確認し、機嫌がいいか、いつもと変わった様子はないかを判断し気になることがあれば小児科を受診する事をお勧めします。

私の体験談になりますが、うちの子も最初のころは母乳を飲むたびに飲んだ分を全部吐いてるんじゃない?
というくらいたくさん吐いていました。

授乳のたびに、赤ちゃんも私も毎回着替えが必要なくらいでした。

病院へ連れて行っても体重は順調に増えているし特に問題ないとのことだったので、なんとか自宅で試行錯誤した結果、赤ちゃんが完全に満足するちょっと手前でおっぱいを離してしまうという方法が効果的でした。

活字にするとなんだかかわいそうな気がしますが、うちの子の場合はおなかがいっぱいになってもおっぱいを離さず飲み続けるので結局飲みすぎのような状態になっていたんだと思います。

いつも10分母乳を上げているなら8分くらいでやめてみるとか調節することで飲みすぎは防ぐことができます。

ただ、あくまでもうちの場合は体重が順調に
増えていたので試してみたわけですが、体重が増えないとか減っているというときはおすすめできませんが…。

授乳で赤ちゃんに蕁麻疹?母乳育児はやめるべき?

a0001_013545

母乳育児をしていると、ある日突然赤ちゃんに蕁麻疹ができてしまうことがあります。

そんな場合は、母乳をやめて粉ミルクに変えた方が良いのでしょうか?

授乳した際、赤ちゃんに突然蕁麻疹がでた場合、まずはママが食べた物や飲んだ物を確認することが大事です。

何を食べたり飲んだりした時に蕁麻疹がでたのか記録しておくことで、病院に行った際に医師にしっかりと説明ができます。

蕁麻疹ができた際は病院で診察を受け、血液検査でアレルゲンの特定をしてもらいます。

少し大変かもしれませんが、アレルゲンになるものをママが避けて食事を取る事で授乳を続けることができます。

また、アレルゲンの検査項目にないものでも、ママが食べたものでアレルギーのあるものがあれば赤ちゃんに蕁麻疹が出るのですから、今後、離乳食などに替わる際にその食べ物を避けることができますね。

 

いかがでしたか?

母乳育児をしていると赤ちゃんのちょっとしたしぐさや変化にも敏感になってしまいますが心配な場合は地域の保健士さんに相談したり病院を受診したりして一人で抱え込まないようにしましょう♪

参考になれば幸いです。



ブログランキングに参加しています♪
応援よろしくお願いします!
あなたの応援で今日もがんばれます^^


人気ブログランキング

 

コメントを残す