スポンサードリンク

胎児にも影響が!?葉酸欠乏症って何?

a0001_013545

胎児の葉酸欠乏症ってご存知ですか?

葉酸は妊娠中に必要な栄養素として有名ですが
では実際に葉酸が欠乏してしまうと
胎児にどんな影響があるのでしょうか?

「そもそも葉酸が必要な時期っていつ?」
と思っている人もいるかもしれませんね。

  • 胎児が葉酸欠乏症になったらどうなるのか?
  • 葉酸が必要な時期はいつなのか?

順番に説明していきますね。

スポンサードリンク



胎児の葉酸欠乏症とは?

733023eee7ef953d3ca24e055340ebc9_s

水溶性ビタミンB群の一種である
葉酸は体内で主に4つの働きをしています。

1、代謝と深く結びついている
2、たんぱく質と核酸との合成へ働きかけている
3、細胞の生産、再生の手助け
4、B12と共に赤血球の生産をし、造血ビタミンである

葉酸が足りなくなり、
この4つの働きができなくなった状態を葉酸欠乏症といいます。

葉酸欠乏症になると
様々な影響が出ますが
胎児へはどのような影響があるのでしょうか?

胎児の脳や神経、骨格の形成が始まる
大切な時期といわれる
妊娠12週までに葉酸が不足すると
先天性の疾患を招く危険が高くなってしまうんです。

例えば、
「二分脊椎症」
下肢の運動障害や排泄障害など
「神経管閉鎖障害」
発症リスクが高くなると報告されています。

また、神経組織に異常が起きると
無脳症流産、死産のリスクも高くなるとされています。

無脳症とは、
神経学奇形症の一つで、
脳の先天的な成長不全、頭蓋骨半球、
大脳、小脳が欠損していることを言います。

妊娠してからでは遅い?葉酸が必要な時期っていつ?

2016y04m10d_214930328

葉酸は妊娠初期に必要な栄養素ですが
多くの女性が妊娠に気づく
妊娠8週頃では遅いと言われています。

妊娠初期の胎児に一番葉酸が
必要とされる時期にしっかり葉酸を
摂取するには妊娠前、
妊活中から葉酸を取り始めるのがベストなんですね。

ただ、「もう遅いから葉酸は摂らない」
というものではなく、常に必要な栄養素なので
葉酸はしっかりとるようにしましょう。

妊娠前から葉酸を摂っていなかったから
と言って必ず胎児に障害が出るわけではありません。

むしろ
「葉酸なんて気にしてなかったけど
元気な赤ちゃんが産まれた」

というママのほうが多いくらいかもしれません。

気にしすぎるのはよくありませんが
胎児に影響が出る可能性もあるので
気が付いたときから
しっかり葉酸を摂取するようにしましょう。

スポンサードリンク



 

コメントを残す