スポンサードリンク

雛人形の道具を処分したい!お寺や神社で処分できる?

2017y03m12d_071853576

小さい頃から自分や子供がお世話になった雛人形。

いずれ役目を終えて使わなくなったとき、
この道具類をどうやって処分するか悩んじゃいますよね。

 

ゴミとして捨てるなんてあまりにも忍びないし
やっぱりお寺や神社での供養してもらうべき?

雛人形を供養してもらって処分するという話は聞いたことがあるけれど
道具類も一緒に供養してもらえるの?

 

などなど気になることはたくさんあると思います。

そんなあなたのために今回は
雛人形の道具の処分方法をまとめてみました!

スポンサードリンク


雛人形の道具の処分方法は?

それでは早速
雛人形の道具を処分する方法を紹介していきますね。

ここで紹介する処分方法は3つです。
まずひとつ目は
身近な人への譲渡です。

気心の知れた友人やお子さんに譲るという方法ですね。

まだ綺麗だから処分なんてもったいないなんて人は
必要な道具ごと大事にしてもらえる人の元にあげちゃうのもひとつの手です。

高価なものや上質なものなど、
状態が良ければ喜んでもらえるでしょう。

もうひとつの方法は、
ネットオークションで売買する方法です。

雛人形は縁起ものなので
リサイクルショップなどでの需要はあまりないのですが、
ネットオークションであれば
綺麗な状態のものなら、中古でも
「ぜひ欲しい!」という人がいます。

また、海外では
雛人形のの独特な雰囲気が受けて一定の人気があるようなので、
ネットで出品すれば探している人の目に入りやすいです。

 

しかし、
雛人形は持ち主に代わって災厄を受けると古くから考えられてきたため、
誰かに譲るのは抵抗がある人もいるでしょう。

そんな人は
神社に奉納したりお寺で供養してもらうといいでしょう。

古来の風習では雛人形は川や海に流すとされていますが、
現代ではなかなか難しいですよね…。

その点神社やお寺は気持ちの面でもすっきりできます。

郵送でも受け付けているところもあるので、
近くのお寺や神社に問い合わせてみてください。

費用はまちまちですが、
4000円前後を見積もっておくといいでしょう。

 

また、道具類も一般的には粗大ごみ扱いですが、
一緒に供養してくれる業者もあります。

家電製品とは違って、
雛人形やぬいぐるみなどは思い入れがあって
なかなか処分を決められないものですね。

そうはいっても、生活を彩るための縁起ものですから
手放すときは
「ごめんなさい」より
「ありがとう」といった方が気持ちのいいものです。

自分が最良だと思う方法でお別れしてくださいね。

スポンサードリンク


ブログランキングに参加しています♪
応援よろしくお願いします!
あなたの応援で今日もがんばれます^^


人気ブログランキング

 

コメントを残す