スポンサードリンク

入学式の着物にも格がある?どんな着物を選べばいいの?

2017y03m13d_063821536

待ちに待ったわが子の入学式。

「せっかくだから、着物を着たい!」

と張りきっているママもいるのではないでしょうか?
ただ、着物には格があるのをご存知でしょうか?

入学式に場違いな着物を着て、恥ずかしい思いはしたくないですよね。

子供の新たなスタートである入学式。

せっかくの数少ない機会ですし、
着物を着て晴れやかな気持ちで大切な日を過ごしたいもの。

ただ一方で、
着物には、着物そのものから小物にいたるまで「格」があります。

そこで今回は、
入学式に着ていく着物の格についておはなししたいと思います。

スポンサードリンク


着物の格には、

  • 第一礼装
  • 略礼装(準礼装)
  • 外出着
  • 街着・普段着・浴衣

があり、
上から順番に格式が高くなります。

着物が初めての場合だと、
色々と学んでも逆にわからないことが多くなってしまいます。

ですから、
まずはどこでも使える基本をおさえましょう。

 一般的に卒業式・入学式などの母親の着物としてふさわしいのは
略礼装(準礼装)の着物で、
訪問着色無地がこれにあたります。

振袖も略礼装になりますが
未婚の女性の着物なので、
間違っても入学式には着用しないでくださいね。

 

入学式で気を付けたいのは、
主役が自分ではないということです。

主役の子供を引き立てるための介添え役としての服装なので、
やや控えめな着物にするという考え方です。

 

もし、入学式を機に着物を1着購入するというのであれば、
その際に気を付けておきたいのは、

季節に関係なく着られる柄を選ぶことです。

レンタルであれば春らしい桜や桃の花柄の着物を選ぶこともできますが
購入する場合は
桃の花が描かれた着物を購入してしまうと
春以外にお呼ばれした結婚式などに着ていきたい時に
「季節感があわない」という事にもなってしまいます。

鼓柄など古典柄や柄が控えめな着物を選べば、
友人の披露宴、
子供行事、
おでかけまで季節を問わず幅広く着られます。

 

色無地は紋を付けることで訪問着と同格になりますが
紋がなくても入学式に着て行って問題ありません。

付け下げは外出着、おしゃれ着に分類されるので、
略礼装の着物よりは格が下にはなりますが

入学式に着てける着物です。

 江戸小紋も外出着、おしゃれ着で
本来は正装ではありませんが
紋を付けることで色無地と同格になり
入学式でも着られるようになります。

 

参考にしてくださいね^^

 スポンサードリンク


 

コメントを残す