スポンサードリンク

こどもの日の兜って誰が買うもの?飾るのはいつまで?


男の子が生まれたご家庭では
初節句となる5月5日のこどもの日のお祝い準備をされていることと思いますが

よく耳にするトラブル…というかお悩みが

「子供の日の兜や鯉のぼりは
       誰が買うものなの?」

という事ではないでしょうか?

 

自分で買って用意したという話も聞きますが

トラブルになりがちなのが

嫁の親、旦那の親、
誰が買うべきなのか?という事。
「うちで買おうと思ってたのに!顔をつぶされた!」

というケースや

「こういうのは向こうの親が買うものじゃないの?」

なんて場合もあるようですね。
せっかくの子供のためのお祝い事、
できるだけそんなトラブルは避けたいものです。

 

そもそも
「誰が買う」なんて決まりがあるのかどうかも気になるところ。

一般的にはどうなのか
まずはチェックしてみましょう。

スポンサードリンク


こどもの日の兜は誰が買う?旦那の親?嫁の親?

昔は嫁いだ娘や孫に会いたくても
嫁ぎ先の舅や姑に遠慮してなかなか会いに行くことができなかったので

初節句にお雛様や鯉のぼりなどを用意して
娘の嫁ぎ先に訪れたのだといいます。

 
初節句などのお祝いを口実に
娘や孫の顔を見に行っていたという事ですね。

その頃の習慣から
お雛様や鯉のぼりなどは
「嫁の親が用意する」というのが一般的になったようですね。

※婿にもらった場合はお婿さんの親が用意します。

 
ただ、兜の場合は
武家の具足飾りが原型となっているので、
嫁ぎ先の親が用意していたのだとか。

このことから

鯉のぼりやお雛様→嫁(婿)の親
兜  → 嫁ぎ先の親

という事になりますが、

※地域によっては
すべて嫁の親が準備するという風習のところもあります。

その理由については
すでに紹介した通りで
「嫁いだ娘になかなか会えないので」
ということですから
現代にそのまま置き換えてしまうのも
ちょっと違う感じがしますよね。

今は嫁いだからと言って親と別居している夫婦も多いですし。

電話やメールで簡単に連絡を取って様子を確認することもできます。
それでも、旦那の親に

「兜はこちらで用意するものだ!」

とか

「鯉のぼりを用意していないなんてどういうことだ!」

と言われてしまったら
こちらとしても

「嫌だお義父さん
      そんな古い考え方!」

なんていうわけにもいかないですよね

余計なトラブルを避けるためにも
まずは前もって話をしておくことが重要です。
「何も話していなかったために
  両方の親から兜が贈られてきた」

ちょっと笑うに笑えない話ですが

どちらの親も悪気があるわけではなく
可愛い孫のために
初節句で兜を買うのを楽しみにしていただけなんですよね。

 
「誰が買うの?」

 

「嫁ぎ先の親が買うべき?」

 

そんな話はあまり気にしすぎずに
お互いの両親とよく話してみるようにしましょう。

地域によっては

「嫁の親が買うものだ」

「いや、旦那の親が買うものだ」

とトラブルになりがちなこどもの日の兜。

 

親の意向に合わせられるならそれでもいいのですが、

「自分たちで選びたい」

または

「こちらの親に買ってもらう予定」

という場合はしっかりと伝えるようにしましょう。

 

兜を飾るのはいつからいつまで?

さて子供の日の兜を用意したら
いつから飾り始めるのがいいのでしょうか?

そしていつまでに片付ければいいのでしょう。

子供の日に飾る兜は
子供を災いから守ってくれる魔除けや
お守りとしての意味合いがあるものなので

出す時期やしまう時期も気になりますよね。
ただ、
特にこの日に出さなければいけないという決まりはないようです。

地域によっては
「早ければ早いほどいい」
というところもあれば

「こどもの日の一週間前に出す」

なんてところもありますが、

特にこだわらないのであれば、
春分の日を過ぎてから
4月の中旬くらいまでを目安に出すといいでしょう。

 
お雛様の場合はひな祭り前日に飾ると
一夜飾りといって縁起が悪いとされますが、
こどもの日の兜の場合はそういう事もないようです。

 
そうは言っても
せっかくの兜を出すのがこどもの日の前日では
ちょっともったいない気もしますが…。

 

いつまでにしまうものなのかも気になりますが、
こどもの日が終わってすぐ片付けるという人もいれば

一年間飾りっぱなしという人もいて
家庭によって違いがあります。

鯉のぼりの由来って?

 
こどもの日と言えば兜と同じくらい大事なのが鯉のぼりですね。

もともと鯉のぼりは、
中国の「鯉が滝を登り、竜になった」という伝説をもとにしたものです。

日本には「登竜門」という言葉がありますが
それは「そこを通ると必ず出世すると言われている道」のことを指します。

「滝を登る生命力があれば、どんな場所でも生きていける。どんな困難にも立ち向かえる」

という出世の意味が込められているんですね。

 

立身出世の象徴として鯉のぼりが飾られるようになったというわけです。

 

鯉のぼりの始まりは、
江戸時代の中期になります。

元々、武家社会では
男の子が生まれると家紋の入った旗を外に立てる習慣がありましたが、それをマネた町人たちの手によって生み出されたものです。

元々は、一番上の黒い大きい鯉「真鯉」だけを飾っていましたが
明治時代に入ると緋鯉が、
昭和20年以降になると子鯉が加わり、

鯉のぼりは父、母、子と「家族」を表すようになりました。

鯉のぼりの一番上のアレって、名前はあるの?意味は?

「鯉のぼりの一番上でひらひらと泳いでいるアレって
一体何のためにあるんだろう?」

そう思った事がある方は結構いらっしゃると思います。

鯉よりも上にあるあの一番上のヒラヒラとした色の飾りの名前は何ていうのかご存知ですか?

あのひらひらは「吹きながし」と言うんです。

吹きながしは、
色々な色が適当についていると思っているかもしれませんが

基本的には5色の色が一般的で、
ちゃんとその一色一色に意味があります。

5色の色は「青・赤・黄・白・黒」

それぞれ「木・火・土・金・水」という陰陽五行説が由来しています。

陰陽五行説とは、この世の全ての物には陰と陽二つの気と五行で成り立っているという古代中国の思想です。

 

信号機の色が青か緑かで議論されることもあるように、「青=緑」や「黒=紫」と色彩認識などの関係で、場所によっては、吹きながしの色が「緑・赤・黄・白・紫」の5色の場合もあります。

そして、この吹きながしには「魔よけ」の意味合いが込められているとされています。

近年、お宅事情もありあまり見かけなくなった鯉のぼりですが、お子さんだけではなく、「家族みんなを災いから守る」ものですので、是非お家に飾ってみたいですね。

スポンサードリンク


ブログランキングに参加しています♪
応援よろしくお願いします!
あなたの応援で今日もがんばれます^^


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す