スポンサードリンク

自宅でできる慢性的な腰痛の治し方

2017y03m14d_110051725

日本人の多くが悩まされているという腰痛。

厚生労働省の平成25年国民生活基礎調差によると、
男性は一番目、女性は肩こりの次に痛みを抱える症状とあり、
いかに慢性的に悩ませられている人が多いかがわかります。

そんな腰痛の治し方、特に今回は自宅でできる慢性的な腰痛の治し方を探ってみたいと思います。

スポンサードリンク


腰痛の原因とは?

そもそも腰痛とはどのような原因で起きるのでしょうか。

治し方を考える前に腰痛の仕組みを考えてみましょう。

腰は、腰椎という5つの骨からなり
腰痛は腰椎に負担がかかる、または
障害が起こると生じる痛みのことです。

その原因は血行・筋肉・骨格などに様々な原因があり
一度なると多くの人が何度も再発してしまう慢性的な腰痛が多いのです。

その状態が続くと筋肉に疲労物質がたまりそれが血管を圧迫して血行不良となり、筋肉疲労にもつながり、腰痛となるわけです。

 
それではいよいよ
自宅でできる腰痛の治し方をチェックしていきましょう。
まず、マッサージやお風呂で温めて血行を良くする方法が効果的です。

簡単なマッサージの例をひとつあげますと、
テニスボールを使って疲労物質をほぐしていくやり方があります。

壁の前に立って、体と壁の間にテニスボールを2個挟んで、上下にぐりぐりと動く方法です。

これは寝て行ってもいいでしょう。

その際は腰の反りを和らげるために
両膝を立てて軽く行う方が好ましいです。

無理なく、心地良いな・・・くらいが
体にちょうど良い刺激になります。

また、
姿勢を矯正して腰に負担がかかりにくくする、
ストレッチを行う。
筋トレを行う。

などの方法があります。

まずは自分の体のゆがみや座り方の癖を知ることが重要です。

腰痛は座っているときに最も起こりやすいので、座りっぱなしのデスクワークなどでは、1時間に1、2分は立ち上がってストレッチや歩くことで腰の調整をしていくのも効き目があります。

とはいえ、
素人が無理な姿勢やマッサージを行ってしまうと、
腰痛を悪化させてしまいかねません。

病院の整形外科などで診察してもらってから、
自分の症状や体力にあった方法を自宅で行うことが、
慢性的な腰痛を治すことにつながります。

またギックリ腰など急性のものや
痛みがひどい場合は
無理に動かず、
休養する・診察を受けるといった正しい理解が必要です。

自分の体の中で何が起こっているのか、
生活スタイルを見直しながら腰痛とうまくつきあって、
自分にあった治し方を見つけたいですね!

スポンサードリンク


 

コメントを残す