スポンサードリンク

ご祝儀袋の入れ方!厚紙はそのまま?お札を入れる方向は?

2017y03m14d_134429930

お祝い事の時に必要となるものがご祝儀ですね。

定期的にご祝儀を渡す場合は良いのですが、
たまに必要となるとご祝儀の入れ方を忘れてしまっていませんか?
今回はご祝儀武袋についてくる厚紙についてご説明します。

厚紙はそのままにして渡して良いのでしょうか?

またお札を入れる方向もご紹介していきますので確認しておきましょう。

スポンサードリンク


ご祝儀袋を購入した時に中袋の他に厚紙が入っている場合は、
通常取り除いてお渡ししす。

厚紙が入っている理由は、
ご祝儀袋が薄く作られているためです。

 

お店に陳列する時、
厚紙がないと折り曲がる可能性があります。

 

お店に並んでいる段階で折れてしまうのを防ぐために
厚紙が入っているので、

お金を入れて渡す際には
厚紙を出す必要があります。

くれぐれも
厚紙を入れたまま渡すことのないように気を付けてくださいね。

 

お札を入れる向きは?

ご祝儀を用意するときに気をつけたいのが
お札を入れる向きについてです。

お札を入れる方向にも実は決まりがあります。

お札の場合、人の顔が描かれている側が表になります。

中袋にお札を入れる時は、
中袋の表に、お札の表がくるように入れてください。

お札をいれたら、通常中袋には封をせず
表面には漢数字でいれた金額を記載しましょう。

 

裏面には郵便番号、住所、名前を記載して、
誰からのものかわかるようにしてくださいね。

購入したご祝儀袋によっては、
中袋なしというパターンもあるかと思います。

中袋なしのご祝儀袋は
比較的金額の少ない場合に使用します。

通常、結婚式に持参するご祝儀袋に付いているものが多いので、
購入の際は気をつけましょう。

いざご祝儀を渡す準備が出来たら、
ふくさにご祝儀袋を包んで、お祝いの場に持参しましょう。

ふくさは、汚れや曲げなど
お渡しするまでにご祝儀袋にダメージを与えることを防ぎます。

また、お渡しするものを汚さないように気をつけている
という礼儀を表すものですので、
購入した祝儀袋の透明袋にいれて持っていくことは避けましょう。

ふくさを使用する文化は、
だんだん薄れてきているという事実もあります。

しかし、様々な年代の方が集まるお祝いの場では、
ふくさに包んでいることで

「礼儀をわきまえている」

または

「礼儀がなっていない」

と判断されることもあるので、
1つは購入して準備しておいた方が良いでしょう。

紫色のふくさであれば、
お祝い事の時はもちろん、お悔やみ事の時にも使えるのでおすすめですよ。

私も紫色のふくさを持っているので、1年中大活躍しています。

ご祝儀袋の準備はこれでバッチリですね。

準備を万端にしてお祝いの席に出発してください。

 

ご祝儀に関するこちらの記事もご覧ください。
ご祝儀袋の書き方マナー!中袋はのりで封をする?
結婚式で祝儀を遠慮するといわれた場合の正しい対応とは?

スポンサードリンク


 

コメントを残す