スポンサードリンク

ご祝儀マナー!金額が2万円って非常識!?

2017y03m14d_173422681

結婚式などのお祝い事が増えると
ご祝儀が何度も必要となりますね。

そして金額もかさんででくると、
赤字になりかねない状況になります。

またとても仲の良い友人や
心からお祝いしたいと思うかたのご祝儀であれば良いのですが、
そうでない場合もあると思います。

そんな時に、
ご祝儀の金額が相場と言われる3万円でなく2万円でもよいのか気になりませんか?

そこで今回は
ご祝儀のマナーと金額が2万円では非常識になるのかどうかお伝えしていきますね。

スポンサードリンク


ご祝儀の金額が2万円ってあり?

「ご祝儀が2万円」については
地域によっても意見がばらけるというのが正直なところなんですね。

3万円が普通と考える地域もあれば
2万円が普通と考える地域もあります。

少ないかな、と心配になる時は
同列席する友人にこっそりご祝儀の金額を確認してみてください。

私は友人に確認した時、

「2万円はありえない」

という反応をされた時もあれば

「2万円にしよう」

と何人かで合わせた経験があります。

ご祝儀の金額については
なかなか言い出しにくいものですが、
お金は大切なので思い切って聞いて良かったです。

 

そして、
2万円は一般的に偶数で割り切れるため
縁起が悪いと考えられることもあります。

しかし、最近では「2」という数字は
夫婦の2という意味や
二重の喜びがあるという解釈になり、
気にならないと考える方も増えてきました。

「4」や「9」は昔も今も「死」や「苦」を思い浮かべるため良くないとされています。

ただ、
3万円がメジャーであることは確かで

「気持ち的に少なかったかな」

と思われる時は、
ご祝儀として2万円を包み
別で3千円~5千円ほどのギフトを送っている、というご意見もあります。

私自身、20代前半は給料も限られていたため、
結婚式が続いた時は、
毎回3万円を出す余裕がありませんでした。

周りの友人と相談し2万円を包んだ結婚式が何度かあります。

ご祝儀の金額は、
本来気持ちを表すものです。

「2万円しか包んでこなかった!」

と思うような間柄の方は今後もお付き合いするとは考えにくいため、ご自身の無理がない範囲で問題ありません。

お祝いする気持ちがあれば金額は二の次です。

素晴らしい結婚式などお祝い事の席に参列されることを祈っています。

スポンサードリンク


 

コメントを残す