スポンサードリンク

ご祝儀袋の書き方マナー!中袋はのりで封をする?

2017y03m14d_173726768

結婚式や出産などお祝い事があると
ご祝儀袋を購入してお金をいれて、名前を書いて、
と渡す準備をしますよね。

日常的にご祝儀を送る場合でない限り
ご祝儀袋の書き方を完全に理解して頭に入っている
という事は少ないかと思います。

  • ご祝儀袋を用意するときは
    中袋は封をして渡すのが正しいの?
  • 中袋を封する場合、
    のりなどで留めたほうがいい?

など、
今回はご祝儀袋の書き方の中でも
中袋に焦点を置いておはなししていきたいと思います。

スポンサードリンク


ご祝儀袋に中袋は必要?のりで封をする?

ご祝儀袋には、
中袋が付いているものと付いていないものがあります。

そもそもどうして中袋が存在するのかと言うと、
正式な包み方として現金をそのまま祝儀袋に包むのではなく、
中包みでお金を包んで渡す事が決まっているからです。

通常、封筒と聞くと封をしないと変な気持ちがしますよね。

ところが祝儀袋の場合は中袋はのり付けをしなくても良いです。

私自身も
のり付けのことを考えたことがなく、
そのままにしていたのでホッとした記憶があります。

のり付けがされていると、
結婚式などたくさんのご祝儀袋をもらった時に、
新郎新婦が中身を確認する時にとても手間になるからです。

私も結婚式を挙げた後、
たくさんのご祝儀袋を開けていく作業を行いましたが、
途中のり付けされているものがあると
金額を確認する作業が滞り、大変でした。

もし、のり付けをしないことが気にあるようであれば、
シール付きのご祝儀袋がおすすめです。

シールでで留めておけば、
簡単に開封できるため便利ですので
検討してみてはいかがでしょうか?

購入されたご祝儀袋の中袋が、
袋ではなく包むタイプであっても
のり付けに関する考え方は同じです。

のり付けがされていなかったとしても失礼にはなりません。

しかし、
包むタイプのご祝儀袋であれば、
お札の枚数が多いと浮いてくる可能性があるため、
包の端の角部分に軽くのりまたは白いシールを張りましょう。

封の字として〆印を書くこともあります。

のり付けまでできたら、
中袋の表面に封した金額を記載します。

金額は漢数字で記載することが標準とされています。

そして裏面には
住所と氏名、郵便番号を記載しましょう。

ご祝儀袋というと外袋の記載方法を調べがちですが、
中袋にも決まりがあります。

ルールにのっとった完璧なご祝儀袋を用意してお祝いに行きましょう。

スポンサードリンク


 

コメントを残す