スポンサードリンク

お葬式でもらった電報のお礼!手紙?電話?メールもあり?

2017y03m15d_054610798

お葬式の際にいただいた電報。

これらの電報のお礼はどのようにすればいいのでしょうか?

会社関係の方からもいただくものなので、
間違えてしまうと常識がない人だと思われてしまいます。

相手に失礼しならないよう電報のお礼の方法や、
時期について見ていきましょう。

スポンサードリンク



事情があって通夜やお葬式に参列できなかった方からいただいた電報。

もちろん送り主に対して
電報のお礼をしなくてはなりません。

一般的にはお礼状を送ることが良いとされています。

この送り状にはいくつかのルールがありますのでここで確認しておきましょう。

まず、葬式に参列してくださった方に渡すのもである会葬礼状とは別の文面を使用します。

文面については、
故人を「亡父 ○○儀」
または「故 ○○儀」と書きます。

お礼の言葉は
忙しい中、電報を送ってくださったことに対するお礼の言葉、故人の生前への感謝の言葉、そして今後もよろしくお願いしますということが伝わるように考えましょう。

また、実際はお会いしてお礼を言いたいけれど、それができないため、略式であることも伝えましょう。

最後に差出人の住所、
その横に喪主の名前を「喪主 ○○」
その横に親族一同と書きましょう。

お礼状には、
一般の手紙のような季節のあいさつは不要です。

また、句読点も使用せず
文の切れ目は改行で表します。

形式は、手紙、はがきどちらでも構いません。

手紙の場合は、地味なものが良いとされていますが、最近では故人の人柄をあらわした色や柄を選ぶ人も増えています。

メールでのお礼状はとても親しい間柄や何か事情がない限りはしないようにしましょう。

また、相手があなたと親しい間柄の場合は電話で直接、お礼を伝え、合わせて式の様子や自分の家族の近況などを伝えるのもよいでしょう。

時期は、明確な時期の決まりはありませんが、葬式後1週間以内が良いとされています。

実際に葬式ではお会いできていない方なので、できるだけ早く電報のお礼をしましょう。

また、連名で電報を受け取った場合には、すべての人にお礼状が送られているか注意が必要です。

他にも、電報と参列者に託す形で香典も両方いただいた方には、香典返しとお礼状どちらも必要です。

香典返しは四十九日の法要後なので、まずはお礼状できちんとお礼を伝えましょう。

スポンサードリンク


 

コメントを残す