スポンサードリンク

お返し不用!?葬式で香典返し辞退された場合の正しい対応とは?

お葬式の時に
弔問客がお供えするお香典。

そのお返しとして、
四十九日法要後にお返しの品を送る香典返しは一般的なマナーとなっています。

しかし、弔問客の中には
香典返し不要だという方もいらっしゃいます。

このような場合、
本当に何もお返しをしないでも
失礼にはならないのでしょうか?

また、なぜ相手の方は
不要だと伝えてきたのでしょうか?

今回はこのような時のきちんとした対応をご紹介します。

スポンサードリンク



お葬式でほとんどの弔問客がお供えするのがお香典です。

そのお返しにあたるのが
香典返しであり、
無事に故人を送ることができましたと
香典をくださった方にお礼のあいさつをするための物です。

一般的に四十九日法要後に挨拶状とお礼の品を送ります。

ところが、中には
お葬式で香典を受け取った際に、
お返しは不要であるという旨が封筒に書いてあったり
直接お返しが不要であると言われるといったことがあります。

このような時に、本当に香典返しは不要なのでしょうか。

答えは相手の意向や立場により変わってきます。

まず1つ目のケースは、
相手の方が、
遺族に余計な気遣いをさせたくない、
お返しをしていただくほどの金額ではないということで辞退された場合です。

せっかくの相手のお気遣いなので、
普通に香典返しをしたのでは、失礼にあたります。

しかし、何もしないのも失礼ですから
ちょっとした贈り物や会食を用意するのが良いでしょう。

残された家族が元気にしているということを相手に伝えることが大切です。

2つ目のケースは、
相手が公的な組織に所属している場合です。

このような方たちは香典返しを受け取ることを禁止されています。

このような場合は香典返しをすると逆に相手に迷惑をかけることになるため
お返しはしないほうがよいでしょう。

しかし、だからといって何もしないのではなく
しっかりとお礼の言葉は伝えるようにしましょう。

相手の方の気遣いや立場を理解し、お返しについて考えることでより良い人間関係を築いていきましょう。

スポンサードリンク


 

コメントを残す