スポンサードリンク

お葬式で花を送るときの注文方法まとめ

2017y03m15d_105121854

お葬式でのお悔やみの方法。
それぞれの思いがあり、
気持ちを伝えるため手段もいくつかありますね。

お葬式に参列して

  • 香典を供える
  • 弔電を送る
  • 花を供える。

などがあげられますが
今回は、お花を送る際の注文方法やマナーをお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク



お葬式でお花を供えるというと、
どのようなイメージがありますか?

お花を送るのは
企業や親族などのイメージが大きいように思いますが、
どのような傾向にあるのか探ってみたいと思います。

お葬式にお花を送るのであれば
洋花や和花・生前故人が好きだったお花など、
ある程度の希望を聞き入れてもらうことも可能で
葬式の会場や自宅などへ送ることができます。

 

一般的に白色を基調とし、
薄い黄色や紫・薄いピンク色などで構成されることが望ましいようです。

 

バラのように棘があったり、
真っ赤な派手な赤色・オレンジなどはお葬式には向いていので
当たり障りのないやわらかい雰囲気の色合いを選びましょう。

※故人が大往生であった場合は
あえて明るい色味の花を使って華やかに送り出すという事もあります。

 

故人の霊を慰めるために霊前に供える品や物を
「供物(くもつ)」といい、花を「供花(くげ)」といいます。

 

会場が狭くてお供えすることができなかったり
地域によっては派手なことを嫌うことがある為

大きな供花や花輪は不向きな場合もあるので事前に確認が必要です。

 

送られた供花は
会場にお供えされますが
親族などの近しい方から祭壇の中心に供えられ、
会社などの取引の深い送り主の分から内側に並べられます。

 

現代では葬式のスタイルも多様化しているので、
近親者だけで行われる葬式や家族葬など
どのようなかたちで葬式をされるのかを確認し、
送る花の大きさや内容などは
フラワーショップや葬式会場への問い合わせて相談をした方が良いでしょう。

 

最後に花の注文方法ですが、
ホールなどセレモニー会場で行われる際には直接会場に連絡をして供花をお願いする。

家族葬や自宅での葬式の場合は、
インターネットなどでフラワーショップを検索したり近くのフラワーショップなどを探して依頼する。

 

葬式に送る供花は
祝い事とは違い大きければ良いとか
高価であれば良いというわけではありませんので、
そ葬式のスタイルや親族の方の気持ち、故人の霊を慰める気持ちを大切にしたいですね。

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク



 

コメントを残す