スポンサードリンク

結婚式の持ち物マナー!パーティバックに入らない場合はどうしたらいい?

2017y03m15d_105546887

結婚式にお呼ばれしたのはとても嬉しいけど、
服装や持ち物が普段と違い、
何を持って行けばいいのか分からない!と悩みませんか?

特に女性は男性に比べ持ち物が多く
小さなパーティーバッグでは入りきらないこともありますよね。

 
サブバッグを持たざるを得なくなると思いますが、
実はこのサブバッグにもマナーがあります。

それでは結婚式にお呼ばれした時の持ち物マナーについてみていきましょう。

スポンサードリンク


実際に結婚式に行ってみて多いのは
パーティーバッグとは別にサブバッグとして紙袋を持っている女性。

これ、実はマナー違反です。

いくらハイブランドで、
上質な紙と印刷が施された袋でもマナー違反なのです。

サイズ的にも大きすぎず小さすぎず、
光沢感もあって、チャック等の開閉がなく出し入れしやすいので重宝したくなるのは分かりますがどこまで行っても紙袋は紙袋。

購入した物を入れる袋です。
結婚式に持っていくのはやめましょう。

結婚式にお呼ばれした時の持ち物とは?

まずは結婚式にお呼ばれした時の持ち物を確認しましょう。

とはいっても
挙式や披露宴会場へ持っていくパーティーバッグの中身として必要なものってそんなにありません。

  • ご祝儀袋(袱紗に入れる)
  • 財布(札入れのみ等小さめのもの)
  • 携帯電話
  • 最低限必要な化粧直し用道具
  • ハンカチ・ティッシュ
  • カメラ(一眼レフのような場合は手に持って会場入り)

他にも薬や眼鏡等個々で必要なものがあるのであればそれに合わせたバッグ選びが必要ですが、あまり大きなバッグはパーティーに似つかわしくないので注意しましょう。

次にサブバッグに入れる持ち物です。

  • 招待状
  • ストッキングの予備
  • 化粧ポーチ
  • 充電器(充電出来る設備が会場にあるとは限りません)
  • 移動用の靴
  • 整髪料・綿棒・ヘアピン・ヘアゴム
  • 携帯薬
  • 折りたたみ傘
  • 着替え(二次会等で替える必要がある場合)

とくに女性の場合
ストッキングの予備は必須です。

また、靴も普段履き慣れていない為
靴擦れになったり駅からの距離が長くヒールで疲れてしまう事もあるので会場以外で履ける靴があってもいいかもしれません。

上記の物を入れようと思うと
どんなバッグならOKなのでしょうか。

 

サブバッグであっても
バッグの素材はサテン生地等の上品なイメージのものがマナーとされています。

サイズはA5~A4サイズの雑誌が入るくらいの大きさが良いですが、持っていくものによってはマチ付きやボストンバッグ等もOKです。

色は黒や紺、パーティードレスに合わせてクリーム色や淡いピンク等が良いですが、全身黒になったりするのはお葬式のようになってしまうので避けましょう。

そしてサブバッグは挙式や披露宴会場に持ち込まず、クロークへ預けます。

必要な物があれば挙式終了後~披露宴開始までの間にクロークで出して貰い、レストルーム等で使うようにしましょう。

バッグ一つで新郎新婦の友人がマナーのなっている人かいない人か判断されることもあり、新郎新婦に恥ずかしい思いをさせてしまうかもしれません。

参列している他の友人も一緒にいて格を下げてしまうかもしれません。

たまにしかないフォーマルな場だからこそ大人としてマナーをしっかり覚えておきたいですね。

スポンサードリンク


 

コメントを残す