スポンサードリンク

お葬式のお金マナー!夫婦で参列する場合の金額はいくら?

2017y03m15d_111811977

突然届くお葬式の知らせに、
慌ててお金を用意することも多いですよね。

香典の相場も気になるところですが

夫婦で参列する場合は、
香典はいくら包むべきか悩んでいませんか?

そこで今回は
夫婦でお葬式に行く場合の香典金額について
おはなししていきたいと思います。

スポンサードリンク


結婚式などであれば準備期間があるので
余裕を持つことができますが、
お葬式となるとそうはいかないですよね。

香典には
いくつかマナーがあるので前もってチェックしておきましょう。

お金が一桁の場合は9を除いて、
1,3,5,7の奇数にするのがマナーなのです。

偶数を使用するのは基本的にNGです。

しかし
基本的には9を除く奇数なのですが、

2万円であれば例外として問題ないとされています。

香典にはピン札ではなく、
わざわざ真ん中に折り目をつけた古いお金を使うようにします。

意外とマナーが多いんです。

また香典というのは、
お花などの代わりに御霊前に添えるものとして用意するもので
亡くなった方との関係性によって金額が変わります。

祖父母であれば1~3万円
両親であれば3~10万円
兄弟であれば3~5万円
他は3千円から3万円程度で、
年齢によって金額もあがっていきます。

ちなみに夫婦でお葬式に参列する場合も
この金額は変わりません。

しかし、
葬式後の会食に出席される場合は
少し変わってくるので注意が必要です。

夫婦やお子さんを連れて会食に出席する場合は
食事にかかる費用を人数分包む必要があります。

お子さんがいる場合は、
そのお子さんが一人分の食事をするかどうかで判断しましょう。

親族以外に勤務先などの場合は、

上司や同僚後輩本人であれば5千円~1万円
上司や同僚後輩家族であれば3千円~1万円が相場となります。

こちらも年齢によって金額があがります。

友人や隣近所も同じくらいの金額を目安にするといいでしょう。

親しいかどうか、
お金を包む本人の年齢などによっても変わります。

基本的に夫婦で参列しても
香典は1家族分として考えられるので金額は変わりませんが

会食に出席する場合は
紹介した例を参考に相応の金額を人数分包むことをお忘れなく。

スポンサードリンク


 

コメントを残す