スポンサードリンク

結婚式の服装マナー!和装で気を付けることは?

2017y03m15d_113133123

日本人の正装と言えば和装。

結婚式でもホスト・ゲストに関わらず和装人気があり、
当日に白無垢や和装で式を行う新郎新婦もいれば
ゲスト側も和装でお祝いする事も多いですよね。

それでも実際にはパーティードレスで出席する人の割合が多く
和装での参加はドキドキすると思いますが、
客観的に見ているとやはり華やかで羨ましく思えるのが正直なところです。

ドレスでもマナーがあるように、
和装でも勿論マナーがあり
気を付けなければいけない事があるので確認していきましょう。

スポンサードリンク


未婚女性の場合は振袖を着る事が出来ます。

振袖は袖の長さが3種類「大振袖」「中振袖」「振袖」があり、
「大振袖」は最も格式高い振袖です。

ただし、
花嫁も和装で挙式・披露宴に出る場合は着用する可能性があるので被らないように、事前に花嫁の衣装の確認が必要です。

花嫁が大振袖を着用する場合は
「中振袖」もしくは「訪問着」を着るのがマナーです。

 

振袖は目立つ衣装ではあるので、
いずれの長さの振袖でも控えめの柄・色を選ぶのが無難です。

しかし基本は花嫁と被らないように
また花嫁より目立たなければあまり問題いでしょう。

未婚既婚問わず着られる和装が「訪問着」です。

訪問着は準礼装で
場所を選ばず、柄もシンプルなものが多いので
花嫁を引き立てる事も出来、着やすい和装です。

 

また、和装の場合
髪飾り以外のアクセサリーは基本付けません。

「黒留袖」は既婚女性が着る第一礼装ですが、
友人などお呼ばれゲストは着る事が出来ません。

黒留袖は新郎新婦の親族、母親や姉妹等で
既婚の場合のみ着る事が出来ます。

 

結婚式に和装で出席するのであれば
着物の色は
花嫁のドレスや白無垢と被る白やクリーム色、
親族の黒留袖と被る黒は避けましょう。

 

また、柄や素材は季節感のあるものを選ぶようにします。

たとえば秋冬の結婚式で桜柄の着物はよくありません。

桜柄は、
「桜散る」という事で縁起が悪いとされる事があります。

 

桜は日本を代表する花なのでOKとされる事もありますが、
地域や家庭によってそういった事を重要視する場合は避けた方が良いでしょう。

 

日本人の正装でありながら
滅多に着られなくなった今だからこそ
おめでたい場で着る事で一気に華やかになり、
花嫁にも喜ばれやすいのが和装です。

そもそも和装は日本人の体形に合っているものですし
着物を着ることで
自然と振る舞いも女性らしくなってくるものです。

 

結婚式で着物を着れば
会場を華やかに彩って結婚式を盛り上げることができますが
良くも悪くも目立つのでマナーをしっかり守った立ち振る舞いが必要になってきます。

紹介した和装マナーを参考に
結婚式を楽しんできてくださいね。

スポンサードリンク


ブログランキングに参加しています♪
応援よろしくお願いします!
あなたの応援で今日もがんばれます^^


人気ブログランキング

 

コメントを残す