スポンサードリンク

お葬式の女性用バックや数珠の選び方!ポイントを徹底解説!

2017y03m15d_114236051

お葬式に参列する際の作法には気を配りたいものですよね。

作法とは言っても
地域によってかなりの差があるものなので

嫁いできたお嫁さんであれば戸惑うことも多いかと思います。

 

女性として嫁として、
失敗のないように気を付けることはたくさんあるわけですが

材質・色・金具や飾りなどの
気になるポイントもおさえておきたいですね。

 

今回はお葬式で身につけるバッグや数珠選びについての疑問を
解決していきましょう。

スポンサードリンク


お葬式のバッグ選びのポイントは?

お葬式用のバッグ選びですが
まず、重要ポイントとしまして

「黒」であることが大切です。

黒系色の色もグレーや紺などといった控えめな色もいくつかありますが、出来る限り黒色を持って行くことにした方が無難です。

 

もし、黒色のバッグを持っていないようであれば、この機会に女性らしいフォーマルバッグを購入することをおすすめ致します。

お葬式は突然であることがほとんどなので、
急な参列に慌てるということがないようにしたいですし
フォーマルバッグですと、
慶事にも持って行くことができるので、

「全く使う出番がなかった」

と、残念な思いをすることもないでしょう。

 

そもそもフォーマルバッグとは、
冠婚葬祭に持って行くことのできる黒色のバッグで
デザインも派手ではなく金具などの装飾はないことが多いです。

また、比較的コンパクトなバッグで
装飾があってもワンポイントのリボンが付いているくらいのバッグになります。

 

デパートやインターネット・通販サイトなどでも購入が可能です。

お値段も比較的安価なものから
女性用ブランドから出ている高級なタイプのもまであるので、
たくさんの種類から選ぶ事ができます。

 

大きさは、お葬式に参列する際に必要な数珠や袱紗(ふくさ)ハンカチ・財布などの少量の荷物が入る程度のもので良いでしょう。

 

バッグは女性のファッションのかなめといっても良いですが、
お葬式の参列の際に
ファッション性を求めることは少ないので、
奇抜なデザインや金具類・装飾出なければあまりデザインは重要視しなくて良いかと思います。

 

黒色のバッグでも材質が光沢のあるものや金具が一部光沢のあるものなどが付属されていることがありますが、可能であれば避けておいた方が無難です。

 

さらに、
毛皮であったりファーが付いているような、
いかにも殺生や動物を想像させるようなバッグは避けるようにし
選ぶのであればナイロンやポリエステル・布性のバッグがおすすめです。

お葬式の女性用数珠の選び方は?

続いては。お葬式や法事などで使用する数ですが、
みなさん自分の物をお持ちですか?

すでに数珠をお持ちの方は、
どのような数珠をお持ちでしょうか?
これから数珠を購入される方は
どのような数珠を検討されていますか?
数珠は宗派によって形式が違うので
各家庭の宗派にそった物を持つことが望ましいのですが、
最近では「略式数珠」という数珠があるのをご存知でしょうか。

略式数珠とは宗派にこだわらず、
誰でも利用することができる数珠のことです。
お葬式会場やセレモニーホールなどで
貸出しされていることもありますので、
見たことのある方もいるでしょう。

数珠はもともと日本では
飛鳥時代に伝来した仏具としてしられており、

現代では
普段のおしゃれ使いや魔除け、幸運を呼ぶアクセサリーとして

腕に付ける数珠もがありますが、

お葬式や法要などで使用する数珠とは少々ニュアンスが違うので
くれぐれもお気をつけくださいね。

 

数珠の形式も様々ですが、
108つの煩悩を現すというくらい数多くの珠で形成されていて煩悩を消しながら念仏を唱えるというのが習わしのようです。

時代もかわり
108の珠を持たなくても略式数珠として普及するようになっています。

 

まずは自分の宗派を知ることで
それぞれの宗派にそった数珠を揃えることがベストですが、
男性用女性用として分類し使用しなくてはいけないので注意してくださいね。

女性用数珠とは「片手数珠」ともいわれ、
略式数珠を使うことが多くなっているようですが、
特に女性は嫁入りした先の宗派や
きちんとした先祖代々の習慣や習わしなどにより
かなり気にされる方も多いものですから、
購入される前に確認して
間違いがないように慎重に選ぶことをおすすめ致します。

確認するときにまずは
主人に聞いてみるという人が多いのではないかと思いますが
「うちは特にこだわりないよ~」というご主人の返答はあまり鵜呑みしない方がいいでしょう。

まずは、お義父様やお義母様に確認することをおすすめ致します。

 

一連や二連の数珠や無難な水晶の数珠が女性にはむいているという声も聞かれますが、
数珠は親子・身内でも貸し借りするのは無作法と言われている為、
急なお葬式や法要にも持参できるよう揃えておくことが女性としてのマナーです。

以上参考にしてくださいね。

スポンサードリンク


 

コメントを残す