スポンサードリンク

結婚式で祝儀を遠慮するといわれた場合の正しい対応とは?

2017y03m15d_115335287

結婚式の披露宴で
招待状には御祝儀不要の文字。

自分の結婚式のときは御祝儀いただいたのに、
「どうしたらいいの?」と思いますよね。

御祝儀を遠慮すると言われた場合、
本当に遠慮してしまって良いのでしょうか。

どういった意図で御祝儀を遠慮しているのでしょうか。

スポンサードリンク


結婚式のご祝儀を遠慮すると言われたらどうすればいい?

結婚式で
「御祝儀を遠慮します」
と言われた場合、どんな理由があるのでしょうか。

例えば、
結婚式が2回目で招待するのも2回目の場合、
以前も式をあげたからという理由で
御祝儀を遠慮するよう促す場合があります。

他にも、会費制だったり
大掛かりな披露宴ではなく
簡単な食事会形式だったりした場合にも、
御祝儀を遠慮するよう促すようです。

御祝儀不要と言われても
例えば既婚者の場合は
以前自身の式に招待したとき御祝儀を貰ったのだから、
返さなくてはと思いますよね。

しかし、
招待状に御祝儀は遠慮下さいとの記載があれば
御祝儀を持っていく必要はありません。

受付自体に、
御祝儀を受け取る場所がありませんから
持っていったとしても受け渡す場所がないのです。

いらないと言われていながら持っていったとしても、
逆に失礼に当たります。

既婚者でお互いの結婚式に呼び合うような仲なのであれば、
事前にお祝いを渡しておくとよいですよ。

自分たちがいただいた時と同じ金額を渡しても、
少なめの相場金額を渡しても、どちらでも良いです。

しかし、
少ない金額を渡す場合は
内祝いを返してもらった時に半額返しとなると
逆に気を使わせますから、
こちらもお返しはいらない旨を伝えておきましょう。

御祝儀を遠慮するよう記載がある結婚式というのは、
招待客に負担をかけたくないという気遣いや、
簡単に済ませたいというそれぞれの想いがあるのです。

御祝儀はお気持ちなので、
どうしても渡したい場合は式の受付ではなく
別の機会を設けて直接お渡しするようにしましょう。

それ以外の場合、
結婚式は色々な形式がありますから
招待状に記載のとおりにしましょう。

その方が相手にとっても良いのです。

くれぐれも結婚式場の受付で
「いやいやぜひ受け取ってください!」

なんて、押し問答だけは避けましょう。

スポンサードリンク


 

コメントを残す