スポンサードリンク

花粉症の薬エピナスチンの効果や副作用を解説!

2017y03m15d_133630432

花粉症には
様々な治療方法がありますが、
できることなら
自分の症状や体質にあった方法や薬を選びたいものですよね。

今回は抗ヒスタミン剤を使った治療の中でも
『エピナスチン』に注目して

その効果や副作用をご紹介します。

スポンサードリンク


そもそも抗ヒスタミン薬は
『第1世代抗ヒスタミン薬』と
『第2世代抗ヒスタミン薬』に分類されるようになったことをご存知でしょうか。

エスピナチンを含む『第2世代抗ヒスタミン薬』は1983年以降に発売されました。

それまでのヒスタミン薬の副作用にみられる、眠気・口が渇く・便秘になる、などの症状を和らげたものが第2世代抗ヒスタミン薬です。

エピナスチンの商品名は『アレジオン』として1994年に発売されました。

では、そのエスピナチンの効果はどんなものがあるのでしょうか。

花粉症など
アレルギー性鼻炎だけではなく、
皮膚炎や機関誌喘息などにの症状にも効き、
かゆみや炎症を引き起こすヒスタミン体内に取り入れないようにする効果が得られます。

また一日に一回の服用ですると効果にも持続性が期待できます。

ただ、
根本治療できるというわけではなく
対症療法薬という点は頭の片隅に置いておいた方が良さそうです。

その一方で
エスピナチンの副作用に関しても理解しておく必要がありますので、
そちらも調べてみました。

そもそもエスピナチンは、
『第1世代抗ヒスタミン薬』のような薬にみられる眠気や口渇や便秘といった副作用を弱める作りではあります。

体の中で薬の耐性ができてくれば、通常の生活であれば(運転や機械操作などの危険な作業以外)大きな心配はなく飲むことができます。

しかし、薬になれるまではやはりそれらの副作用が起こることもあります。

また
発症頻度は低いですが肝障害や血小板の減少などもまれに見られます。

エスピナチンの効き目は第1世代抗ヒスタミン薬よりも、やや穏やかな効果ではありますが眠気が少ないといった副作用の面から考えても、花粉症の治療には非常に効果的です。

それぞれの抗ヒスタミン薬の効果・副作用を知った上で、自分の生活スタイルや症状に合わせて服用すると良いですね。

スポンサードリンク


ブログランキングに参加しています♪
応援よろしくお願いします!
あなたの応援で今日もがんばれます^^


人気ブログランキング

 

コメントを残す