スポンサードリンク

赤ワインは冷やす方がおいしいって本当?

2017y05m02d_131920347

ワインを美味しく頂くために
こだわりたいポイントっていろいろあると思いますが、

「赤ワインを飲むときに冷やすか?冷やさないか?」

というのは、ワイン好きの中でも意見が分かれますよね。

「赤ワインは常温で飲むが基本でしょ?」

なんて知った顔で語っていると、
いざというときに恥ずかしい思いをしてしまうかもしれませんよ。

スポンサードリンク


赤ワインは冷やす?冷やさない?

赤ワインを飲むときに冷やすのか冷やさないのか・・・

確かに、

「口当たりの軽いフレッシュな白ワインは冷やして飲む。」

「重みのある赤ワインは常温で飲む。」

これが一般的な常識とされていますが

「赤ワインは常温で」と言われているのはそもそもヨーロッパで言う常温(18℃くらい)なので、日本の気候では当てはまりません。

日本であれば室内の気温を25℃前後に設定してあるのが一般的ですよね。

夏場であれば30℃を超えることもあるでしょう。

これでは赤ワインにとって暑すぎるんですね。

こんな話を聞くと

「じゃあ赤ワインは冷やすほうがおいしく飲めるの?」

と思うかもしれませんが、単純にそういうはなしでもないのがワインの奥が深いところでもあります。

それではワインの冷やし方についてもう少し詳しく見ていきましょう。

 

赤ワインの冷やし方!ポイントは苦み・酸味・甘味

 

ひと口に赤ワインとは言っても口当たりの軽い甘めでフルーティな赤ワインもあれば、重く、渋み・苦みが魅力の赤ワインもあります。

赤ワインは「苦み、酸味、甘味」が美味しさを決めるポイントになりますが、甘味が強かったり、フルーティで酸味のある赤ワインは冷やすことですっきりとして飲みやすくなります。

温度は10℃くらいですね。

逆に、苦み・渋みが強めの赤ワインはもう少し高めの温度がよいとされますがそれでも14℃~18℃くらいでしょう。

先に説明したように日本の場合、常温では温度が高すぎるので苦みや渋みが強めの赤ワインでも少し冷やした方がおいしく飲むことができるという事です。

では、自宅で赤ワインを冷やす場合はどのくらいの時間どうやって冷やせばいいのでしょうか?

 

冷蔵庫で赤ワインを冷やす時間はどのくらいがベスト?

自宅で赤ワインを冷やすのであれば
一番簡単なのは冷蔵庫で冷やすという方法です。
ただし、冷蔵庫に入れっぱなしではキンキンに冷えすぎてしまいますから、
赤ワインを冷蔵庫で冷やす場合は冷蔵庫に入れておく時間も重要になってきます。

たとえば、室温(25℃くらい)に置かれていた赤ワインであれば1時間ほど冷蔵庫で冷やしたくらいがちょうど飲み頃だといえます。

「もっと早く冷やしたい」

という場合は氷水で冷やす方法もあります。

この場合は5分~10分くらいで飲み頃の温度まで下げることができますよ。

まとめ

赤ワインを美味しく飲むために理想的な温度や冷やし方についておはなししました。

いかがでしたか?

赤ワインは常温よりも冷蔵庫や氷水で少し冷やしたくらいの方がおいしく感じられると説明してきましたが、最終的には個人の好みによるところが大きいというのが正直なところです。

「この温度ではいけない」

「そんな飲み方は邪道だ!」

などと難しく考えずにいろいろな飲み方で試してみて自分に合った温度や飲み方を見つけてみましょう。

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク


ブログランキングに参加しています♪
応援よろしくお願いします!
あなたの応援で今日もがんばれます^^


人気ブログランキング

コメントを残す