スポンサードリンク

犬に牛乳って駄目なの?薄めるのはどう?

2017y07m23d_213136320

人は殆どの人が問題なく飲む事ができる牛乳ですが
犬にとっては飲ませるべきではない食材の1つといわれています。

では、犬に牛乳は飲ませる事はできないのでしょうか?

また、犬用のミルクと牛乳にはどういった違いがあるのでしょうか?

スポンサードリンク


犬に牛乳は駄目?薄めるなら大丈夫?

犬に牛乳を与える事はいけないといっても、
それは成犬以降の犬で仔犬の場合には問題ありません。

 

牛乳にはラクトースという
自然界では母乳以外には含まれていない
甘味成分が含まれています。

そして、
このラクトースを分解するには
ラクターゼという酵素が必要です。

仔犬にはラクターゼが十分に含まれているので、
仔犬は牛乳を飲む事ができますが
成長に伴ってラクターゼは
犬の体内から減っていってしまいます。

ですから、
成犬以降の犬は十分にラクトースが分解できずに
下痢などの消化器系症状を引き起こしてしまいます。

また、牛乳は
アレルギーの原因となる危険性もあるので
単純にアレルギーがある為に飲む事ができない場合もあります。

ただ、全ての犬が
牛乳を飲んだからと言って
下痢などの消化器系症状や
アレルギーを発症するわけではありません。

 

では、牛乳を飲ませるメリットやデメリットには
どういったものがあるのでしょうか?

 

牛乳を犬に飲ませる事のメリットは
ほとんど存在しないといわれています。

ただ、飼い主の中には
カルシウムとタンパク質の
効率よい摂取方法として

お湯で薄めてドッグフードにかけて食べさせたり
便秘の解消のために飲ませたりしている場合もあります。

 

デメリットとしては、
下痢などの消化器系症状を引き起こす可能性があること。

そしてカロリーが高い牛乳は
100mlあたり67kcalもあり
犬に牛乳を飲ませていると太ってしまう事があります。

牛乳と犬用ミルクの違いって?

現在、
犬用のミルクが販売されているのを御存知ですか?

犬用ミルクと牛乳の違いですが、
犬用ミルクにはラクトースを分解するラクターゼが含まれています。

なので、犬用ミルクは
ラクターゼが減少している成犬以降の犬でも飲ませる事ができます。

また、牛乳を薄めて飲ませる必要もなく
犬用ミルクをそのまま飲ませる事ができます。

製品の中には
ラクトースが含まれていない
脱脂粉乳から作られているものや

牛乳アレルギーの犬でも
飲ませる事ができるように

ヤギミルクなども
販売されているので
試してみるのもいいのではないでしょうか?

スポンサードリンク


 

コメントを残す