スポンサードリンク

犬がトイレで寝る場合の原因と対処法は?

2017y07m23d_213408418

犬を室内で飼育していると、
なぜかトイレで寝てしまう事はないですか?

きれいな状態のトイレであれば寝てしまってもいいですが、
おしっこやうんちをしている状態でも寝てしまう事があります。

そうなると衛生的にも見た目的にもよくなく、後始末が大変ですね。

今回は
犬がトイレで寝る原因と対処法について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


犬がトイレで寝る4つの原因

犬がトイレで寝る原因としては4つの原因があります。

犬は基本的にきれい好きですが、
仔犬の頃は
寝る場所やトイレの場所関係なく寝てしまう事があります。

ただ、この普通は
成長に伴って寝なくなっていきます。

また、
ペットショップから家に迎えた場合
寝る場所やトイレを関係なく寝る事が多いといわれます。

その理由は
ペットショップでは1つのケージに
トイレシートも一緒に入れているので、
ペットシートの上で寝る習慣がついていて
一般家庭に迎えられてもペットシーツ
つまりトイレで寝てしまう事があります。

さらに、
トイレで寝てしまう原因としては
単純にトイレシーツの上が気持ちいい場合もあります。

特にメッシュ素材のトイレの場合は
犬が気持ちよくて、
トイレで寝てしまうという事があります。

 

夏場などの暑い時期には
ひんやりとするトイレの方が過ごしやすく
そこで寝てしまう事もあります。

成犬になっても
夏場だけトイレで寝てしまう場合には
この可能性が高いです。

犬は体温調節が苦手な動物なので、
暑さが厳しい夏場などでは
ひんやりとする場所を好む傾向はあります。

 

犬がトイレで寝るのを治したい!対処法を紹介!

「犬がトイレで寝るのを改善したい」

と思った場合には
トイレとケージの場所を分けてみましょう。

犬は基本的にきれい好きなので、
寝る場所で排泄をする事は少ない動物です。

ですから、
寝る場所の近くにトイレがあると
犬が混乱をしてしまい、
トイレで寝てしまうという事もあります。

従って、
トイレとケージを分けてしまえば
混乱をする事がなくなって
トイレで寝てしまうという事がなくなります。

トイレの場所が
飼い主と家族に近い場合には
トイレの場所を移動させてしまうのも1つの方法ですが、

犬は一度排泄をした場所で
繰り返し排泄をしようとする動物なので、
トイレの場所を変えるのであれば
もう一度トイレトレーニングをする必要性が出てくる可能性はあります。

 

また、
トイレの素材でメッシュを使っている場合には
犬がメッシュが単純に気持ちよく、
トイレで寝てしまう事もあります。

犬が寝る場所にもメッシュを使用する事で、
トイレだけが気持ちがいい場所ではない事を理解し
トイレで寝てしまう事を防ぐ事ができます。

犬が寝る場所とトイレをサークル内で
一緒にしている場合には、

トイレトレーニングでやめさせる方法もあります。

おやつなどのご褒美を使って
寝る場所はトイレではない事を教えていきます。

本来寝る場所で寝ていれば
誉めるという事を繰り返しながら、
ゆっくりと覚えていきましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す