スポンサードリンク

緑内障の目薬に副作用があるってホント?

2017y07m23d_214821618

緑内障と診断されて、
点眼治療をされている人は多いのではないでしょうか。

緑内障の点眼治療をやめてしまうと
症状が進行してしまう可能性があるので
一生続けなくてはいけないのですが

長期にわたり目薬を点眼していると
副作用がないのか心配ですよね。

今回は
緑内障の目薬の副作用について
説明していきたいと思います。

スポンサードリンク


緑内障の目薬に副作用があるってホント?

緑内障を治療する場合
症状に合わせて、
複数の点眼薬を組み合わせて治療していきます。

緑内障の治療は、
眼の栄養を届ける房水という液の
流れを良くして、少しでも眼圧を下げ
視神経障害を避け視野異常を起こさないために行われます。

 

緑内障治療薬には、
房水の生産量を抑えて眼圧を下げる点眼薬と
防水の排出を促して眼圧を下げる点眼薬、
また、
この二種類が配合された点眼薬があります。

 

点眼薬の中には、
全身に副作用を起こすものから
自分で防げる副作用のものまであります。

病院で緑内障の目薬を処方される際に
必ず病歴や、
今までの薬アレルギーを聞かれるので
些細な事でもドクターに伝えることが大切です。

また、他の病気で受診するときも
緑内障の治療をしているということを伝えるようにしましょう。

緑内障の目薬にはどのような副作用がある?

緑内障の点眼薬治療の主な副作用は
点眼薬によって違ってきます。

全身に副作用を起こすものは、
処方の段階でストップされますが

緑内障の治療を続けるためには
多少の副作用は仕方のない範囲ではないでしょうか。

 

しかし、その副作用は自分で軽減させることができます。

・充血
点眼することにより、
充血が強くなることがあります。

点眼の初期に起きる場合が多いのですが、
気になる場合は夜に点眼すると、
昼間の充血は軽減されます。
・色素沈着
点眼することにより、
まぶたの部分が黒くなって
色素沈着を起こす場合があります。

目薬が綺麗にふき取れてない事が
原因で起こすことがほとんどなので、
洗顔前に目薬をさすようにされると良いでしょう。
・かすみ目
点眼した後にかすみ目などの、目の不快感を起こす場合があります。

気にしなければ我慢できる程度で、
視力に影響を及ぼすものではないのですが
あまりにも不快であればドクターに相談してみましょう。
副作用を気にして点眼を勝手に中止すると
緑内障の症状である
視野欠損が進んでしまい、
気がついた時には

「見えない部分が広がっていた」

ということになりかねません。

 

緑内障という病気は、
一度失った視野は元に戻らない病気なので
進行を防ぐことを目的としています。

少しでも薬に不安がある場合は
勝手に中止することなく、
ドクターに相談するようにしましょう。

スポンサードリンク


 

コメントを残す