スポンサードリンク

車庫証明のシールを貼るのは義務?貼らないと違反になる?

2017y07m23d_215611583

初めて車を購入したとき、これからたくさん車で出かけるぞー!とウキウキした気持ちになりますよね。

しかし車を購入しただけで手続きは終わりません。

車を自宅に駐車できるという証明を、警察に届け出しなくてはいけませんね。

スポンサードリンク


 

「無事に車庫証明がとれた!でもこの車庫証明のシールはどうすればいいの?」

と迷っている人も少なくないはず。

「格好悪いから貼りたくないんだけど~」

なんて人もいるのではないでしょうか?

実際のところ
車庫証明のシールを車に貼ることは義務づけられていますが、
罰則などはないのが現状です。

ただ、車庫証明をきちんと取った!という証明にはなるので
何かのトラブルで警察に聞かれたときに、
すぐに取り出せるように忘れないところに保管をしておいたほうが良いでしょう。

車庫証明のシールを貼る位置って?

車庫証明のシールを貼る場合、どこに貼れば良いのでしょうか?

こちらも法律で定められています。

「自動車の後面ガラスに見やすいように貼り付けること」となっています。

具体的に後面ガラスのどこというのはないので、見やすいように貼っていれば問題ないと思います。

ただトラックやスポーツカーなど、貼る場所に困る車もありますよね…。

その場合もあくまで見やすいところに!ということで、トラックの場合は左側面に貼ることが多いようです。

ぜひ参考にしていただければと思います。

車庫証明のシールは再発行可能?

「車庫証明を紛失してしまった」「汚れてしまって見づらくなってしまった」という人は、車庫証明を新しいものにしたいですよね。

車庫証明の再発行の手続きについて説明します!

まず、車庫証明の再発行は可能です。

紛失された場合は、ただちに最寄りの警察署に届け出をしてください。

まず、車庫証明の再発行には管轄の警察署で所定の手続きをしなくてはいけません。

再発行の手数料は一律500円かかります。

また、その場ですぐには発行されないようなので、早く車庫証明が必要だったのに…ということがないように、余裕をもって再発行の手続きに向かっていただければと思います。

せっかく車庫証明を取得したのに、いざというときに失くしてしまったということがないように気を付けたいものですね。

あなたが楽しいカーライフを送れることを願っています。

スポンサードリンク


 

コメントを残す