スポンサードリンク

乾燥肌でかゆい足!原因と対処法を紹介

2017y07m23d_221309499

乾燥肌が原因で足にかゆみがあると我慢できずについついかいてしまい気づくとかきむしってしまうものです。

そのような肌のかゆみは体質的なことや外からの刺激による乾燥とかゆみがあります。

一年中、足のかゆみの乾燥肌に悩まされている人はどうすればかゆみから解放されるのか考えてしまいますが、
かゆみがあれば薬を塗って治まればいいと思いがちですが根本的な解決にはなりません。

薬を使ってしまうと肌が薬に依存してしまいます。できれば薬は使わずに日頃のケアを積極的に行いたいものですね。

スポンサードリンク



乾燥肌で足がかゆいのはなぜ? 

足のかゆみを引き起こす要因として、足は皮脂分泌が少ないので特に乾燥しやすくて乾燥肌になりやすいです。

原因として、紫外線を浴びることによって肌バリアを壊されてしまい肌の水分を維持することができずにかゆみを引き起こします。

肌バリアは肌を守るためにとても重要な役割をはたしているのです。

どのような役割を果たしているのか動画を参照してみて下さい。

次に、お風呂に長く入ることで血管が拡張して血液の循環はよくなりますが、かゆみを引き起こすきっかけとなってしまいます。

それはなぜなのかといえば
皮膚の脂分が失われ、体温が上昇していると肌の水分が蒸発して
乾燥状態になるからなんです。

そして、乾燥肌の部分をかゆいからと言ってかいてばかりいると炎症性皮膚炎になってしまいます。

 

乾燥肌が原因でかゆい足の改善方法は? 

普段の生活を少しでも変えることで乾燥肌が改善されることが多いです。

まずは肌のバリア機能を回復・改善です。バリア機能が落ちたままだと肌は通常よりも乾燥しやすくなります。

肌が乾燥して水分量が低下しているとターンオーバーがうまくいかなくなります。
肌に必要な十分な厚みとキメが詰まった角質層が育たなくなります。
なにもしないで放置をしていては乾燥肌の足のかゆみは治まらないままです。

・肌のバリア機能を高められる動画ですのでご覧になって下さい。

 

 

・保湿ケア 

お風呂から出たら体をタオルで拭く前にオイルやボディクリームを塗り体に膜をはります。

そしてバスタオルで拭くことで乾燥肌の足のかゆみがだいぶ良くなります。

タオルに保湿剤がついてしまうのが気になる人はお風呂上りにすぐタオルドライして熱が冷めないうちに保湿剤を塗って肌に浸透させることです。

入浴後にオイルを塗ったあとは乾燥しやすい足の部分に保湿クリームをぬります。

ベタ付きが気になってしまう方は塗った後にシャワーで流しても効果はあります。

最低限の保湿をしてあげることで乾燥肌が和らぎかゆみを感じなくなります。

保湿ケア方法は動画をご参照下さい。



参考になれば幸いです。

スポンサードリンク



コメントを残す