スポンサードリンク

口内炎の原因と治し方

2017y05m26d_144127637

口内炎と言えば、
誰でも一度はかかった事があるお馴染みの病気ですね。

しみる、痛いなど、食事やおしゃべりをする時にもつらい思いをしたという方も多いのではないでしょうか。

また、繰り返したり、長引いたりするとイライラしてストレスが溜まったりして精神的にもよくありません。

ここでは口内炎の原因や効果的な治療法を挙げていきます。

スポンサードリンク



口内炎の原因って?

口内炎の発症原因として考えられるのは

① やけどや口の中を噛んでしまった等の傷によるもの。

② 栄養のバランスが悪い。

③ 薬の影響

など様々な原因が考えら
れます。

まず①の原因ですが、熱いものを食べた時に、口の中をやけどしたり、

義歯が合わなくて歯ぐきなどが傷がついたりした時や、
歯みがきの時口内をあやまって傷つけた時、

口の中を噛んでしまった時に出来てしまう傷が口内炎の原因になります。

②は栄養のバランスの偏りや生活習慣の乱れなどで、特にビタミンB群の不足が大きな原因となります。

③の原因は口内炎が繰り返したり、長引いたりする場合は、何らかの病気の可能性があります。

病院で診察されることをおススメします。
病気になったら薬を飲みますが、薬が原因でできてしまう口内炎もあります。
特に抗生物質の服用が長期にわたっている人は、ビタミンBが不足する傾向にありますので注意が必要です。

また、加齢やストレス、ドライマウスによる唾液の減少も口内炎の原因になっています。

口内炎の治し方まとめ

口内炎が出来てしまったら、早めのケアが大切です。

まずは、口内ケアを行いましょう。

今の状態から悪化させないためにも、口の中を清潔に保つことが大事です。

歯ブラシはもちろんですが、マウスケア用のうがい薬を使ってうがいもこまめに行いましょう。

今ではドラッグストアでいろんなタイプの薬が販売されています。

口内炎に直接塗る軟膏タイプ、パッチのように貼るタイプ、直接触れたくない場合はスプレータイプの薬もあります。

早く治したいなら、ビタミンB群を摂取することも忘れないで下さい。
からだを休めて疲れをとる事も大切です。

口内炎は精神的にも肉体的にも疲れがたまっている時にできやすくなります。

日頃から疲れがたまらないように、夜更かしはやめて規則正しい生活を送るように心掛けましょう。

スポンサードリンク



 

コメントを残す