スポンサードリンク

コレステロールが高いのは体質?原因と対処法

健康診断などで血液検査をして、
コレステロール値が高いことを指摘されると不安になりますね。

今回は、
コレステロールが高くなる原因や
高い人の症状などを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


コレステロールが高いのは体質?

コレステロールの値が
なぜ高くなるのでしょうか?
考えられるいくつかの原因を紹介します。

体質

コレステロール値は、
食事が原因で高くなるばかりではなく
体質が原因となっている場合もあります。

コレステロールの
60%から70%は肝臓で作られていて
残りを食事から摂取しています。

肝臓で作られるコレステロール値が高いと
食事に関係なく高くでてしまいます。

食事には気を使っているのに
コレステロールが高いと言われるのは、

食事とは関係なく、肝臓で作られる
コレステロールが関係している場合がほとんどで
これは体質のよるものです。

体質が関係していて
コレステロールが高い場合の治療方法は
薬物療法を行いながら、
運動や食事管理など
規則正しい生活習慣を身につけることが大切となってきます。

生活習慣

食事では、
炭水化物などの糖質の摂り過ぎは
コレステロールを増やす原因となります。

動物性脂肪なども摂り過ぎないようにして、
大豆食品や青魚、野菜や果物などを
バランスよく摂ることが必要です。

また、
アルコールの飲み過ぎも
肝臓でアルコールを分解するときに作られる
中性脂肪が増え、
コレステロールが高くなる原因になります。

運動不足もコレステロール値が
高くなる原因のひとつです。

ウォーキングやサイクリングなど、
有酸素運動を持続的に行うことで
脂肪燃焼が出来ると言われています。

無理をせず、
毎日続けられる運動習慣を身につけましょう。

ストレス

ストレスや睡眠不足、過労なども
コレステロールを高くしてしまう原因となります。

ストレスなどで、
身体の老化を引き起こすと言われている
活性酸素が増えることにより、
抗酸化作用のあるコレステロールが血中に流れ出すため、
コレステロールが高くなってしまいます。

コレステロールが高いとどんな症状がでてくるの?

コレステロールが高いと
どのような症状がでてくるのでしょうか。

人間の動脈は、
若い頃は弾力があるのですが
加齢と共に硬くなっていきます。

これを動脈硬化といいます。

動脈が硬くなるだけなら
それほど問題はないのですが、

この硬くなった動脈に
コレステロールが蓄積し、
血液の流れが悪くなると

今まで自覚症状は何もなかったのに、
突然、死に至る病気を発症してしまう恐れがあります。

頭の血管で流れが悪くなり詰まってしまうと脳梗塞に
心臓に関係する場所であれば、狭心症や心筋梗塞を引き起こします。

いずれも死に至ることがある恐ろしい病気です。

その他にも、
コレステロールが高く動脈硬化が進むことによって
下半身に血液が行き渡らなくなり、
足がしびれたり、歩行障害がでたりすることもあります。

最後に

コレステロールガ高いからといって、
すぐに身体に影響を及ぼすということではありませんが
徐々に血管が硬くなり、
恐ろしい病気を発症してしまうことも考えられます。

生活習慣を見直し適度な運動を心がけて、
コレステロール値が下がるように心がけてください。

また、家族にコレステロール値が高いことにより
心筋梗塞や脳梗塞になった人がいる場合は、
体質が遺伝している場合があるので、注意が必要です。

スポンサードリンク


 

コメントを残す