スポンサードリンク

法事のお返しの金額相場っていくらなの?

2017y05m26d_123214495

法事の時に香典やお花などいただくことがあると思いますが

「お返しってどうしたらいいの?」

とお困りではありませんか?
いただいたものに対して

「何をお返ししたらいいのか」

「金額の相場はいくらなのか」

悩んでしまいますよね?

今回はそんな疑問をお持ちの方に
法事のお返しの金額相場について
分かりやすく説明していきたいと思います。

スポンサードリンク



法事のお返しのときの金額相場は?

それでは早速
気になる法事のお返しの金額相場について見ていきましょう

 

法事お返しの金額の相場は、
頂いたものの2分の1から3分の1程度と言われています。

法事のお供えや供物料を頂いた際に、
誰からどのようなものを頂いたかをしっかり記録しておきましょう。

 

ただし年忌にお招きした方には
会食と合わせてその場でお渡しするので
お供えの額によらず2000円~5000円程度のお品を用意することが多いんです。

 

もし郵送する場合であれば
引出物を郵送する時にお礼状を同封することも忘れないでくださいね。

その場合は、
時候のあいさつを用いず、
お供えをいただいたことに対するお礼と法事が滞りなく済んだ報告
を記しましょう。

 

では、どんな品物を贈るのがいいのでしょうか?

法事のお返しにどんなものを贈る?

法事のお返しにどんなものを贈るべきか?」

「贈ってはいけないものや避けた方がいいものは?」

などなど、気になるところですが
法事のお返しにどんなものを贈るかについては特に決まりはありません。

一般的には不祝儀であることを考えて
洗剤などの消耗品食べ物など後に残らないものが良いとされています。

 

また最近では好きな物を選んでいただける
カタログギフトというのもお返しとして重宝されています。

 

法事の引き出物のように
相手の方の持ち運びの便を考えなくても良いので
大きいもの重いものでもお返しとしては活用できますね。

法事のお返しをする場合は
のしも大事です。

のしの表書きは
「志」や「粗供養」とし双銀の結びきりの水引のものを用います。

下段には施主名を入れましょう。

 

四十九日法事のお返しには黒白の水引を用い、表書きは「満中陰志」「忌明志」と記すこともあります。

法事のお返しはいつまでにするの

続いて、
法事のお返しはいつまでにしたらいいのか
というのもチェックしておきましょう。

基本的に法事のお返しは
法事が終わってから一か月以内に贈るようにするのが一般的です。

 

もちろん
お供えや供物料を頂いた際には
電話や手紙などでお礼を伝えるようにしますが

お返しは法事が滞りなく済んだという
報告の意味も込められていますので、

なるべく早く届けた方がいいですね。

まとめ

  • 法事のお返しの金額相場は
    頂いたものの2分の1から3分の1程度
  • 贈るものに決まりはないが後に残らない消耗品が一般的。
  • 法事が終わってから一ヶ月以内を目安にお返しをする。

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク



 

コメントを残す