スポンサードリンク

出産祝いに送る服のサイズは?商品券の郵送はあり?

出産祝いで赤ちゃんの服を贈る時、困ってしまうのは服のサイズですよね。

赤ちゃんの服はどれもかわいくて、選んでいるだけで幸せな気持ちになってしまうのですが、実際、どのサイズを贈れば喜んで貰えるのでしょう。

今回は出産祝いに喜んで貰える赤ちゃんの服のサイズなどを紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク


出産祝いに贈る赤ちゃんの服のサイズは?

出産祝いに赤ちゃんの服を贈る時、どのくらいのサイズを選べば喜ばれるのでしょうか。

赤ちゃんや子供服のサイズは、「身長」で記されています。

「50」であれば、身長が50㎝「90」であれば身長が90㎝というサイズになっています。

赤ちゃんの身長は個人差がありますが、新生児では50㎝、生後3ヶ月で60㎝、6ヶ月で70㎝、10ヶ月~1歳で80㎝が平均となっています。

新生児の赤ちゃんの服は、すでにお母さんが用意されている場合が多い事や、成長が早くあっという間に着られなくなってしまうので、あまりお勧めできません。

6ヶ月から10ヶ月くらいのサイズであれば、服を用意されていることもなく重宝してもらえるのですが季節が変わってしまうため、
春に生まれた赤ちゃんであれば、6ヶ月後には「秋」10ヶ月後には「冬」ということになります。

ネット通販などでは1年を通した服を購入することが出来ますが、店頭で購入する場合は季節の商品しか並んでいない場合がほとんどです。

そこで、私は、1歳になったときに着られる服を出産祝いに選ぶようにしています。

1歳での平均身長は約80㎝、2歳では約90㎝です。

1年後の服であれば、今の時期に購入することができ、洋服のサイズからしても比較的長く着てもらうことが出来ます。

靴や靴下のサイズはどう選ぶ?

出産祝いに服と一緒に靴や靴下を贈られる方も多いですね。

赤ちゃんのファーストシューズは1歳前後で履かせるようになります。

赤ちゃんの靴のサイズを選ぶ時は、足のサイズ+5mmほど余裕のあるものが良いとされていますが、贈り物なので測ることは出来ませんよね。

そこで、標準的な赤ちゃんの足のサイズを紹介しますので参考にしてくださいね。

6ヶ月~1歳半:11㎝~13㎝
1歳半~2歳:12㎝~14㎝
次に靴下選びですが、靴下は夏の時期を除いては、何枚あっても助かります。

私も経験してきたのですが、抱っこひもやベビーカーで赤ちゃんを連れて移動していると、いつの間にか靴下が片方脱げ落ちて、どこに行ったか分からないことを何度も経験しました。

しかし、靴下も靴と同じく、どのサイズを贈ればいいのか迷ってしまいますよね。

標準的な赤ちゃんの靴下サイズを紹介しますので参考にしてください。

3ヶ月~6ヶ月:9㎝~12㎝
6ヶ月~1歳:12㎝~13㎝

出産祝いに商品券を郵送してもいい?気を付けることは?

出産祝いに服や靴を贈ろうと思っても、やはりサイズなどで悩んでしまう、という人には「商品券」が便利ですね。

赤ちゃんに似合う服を、お母さんが自分で選んで買うことが出来ます。

実際に、出産祝いで貰って嬉しかった物のランキングの上位に商品券が入っています。

出産祝いに商品券を贈る時にはどのような方法で送ればいいのでしょうか?

商品券は、信書(契約書や保険証など)でも現金でもないので、普通郵便で送ることが出来ます。

しかし、紛失や盗難を心配されるのであれば、引き受けから配達までの郵便物の送達過程を追跡できる「書留」で郵送すれば安心です。

書留は、ポストに投函することができないので、郵便局の窓口で手続きをして下さいね。

スポンサードリンク


 

コメントを残す