スポンサードリンク

女性のコーヒーが産み分けに影響するって本当?



男の子でも女の子でも、
性別にかかわらず赤ちゃんというのはとても可愛いです。

けれど、
最初に産むなら女の子がいい
といった希望がある女性もいることでしょう。

コーヒーを飲むと男の子が産まれやすい
という話を聞いたことはあるでしょうか。

迷信のような話ですが、
これは科学的にも根拠のあることなので事実なんです。

もちろん100%ではありませんが、
可能性を上げることはできます。

ここではコーヒーで産み分けができる理由と
その他にもある産み分け方法をご紹介します。

目当ての性別の赤ちゃんを産むための参考にしてください。

スポンサードリンク



なぜコーヒーで産み分けができるの?

性別は性染色体によって決まります。

精子にある2種類の染色体のうち「X精子」と呼ばれるものが受精すると女の子。

「Y精子」が受精すると男の子が産まれる仕組みとなっています。

この「Y精子」がコーヒーを飲むことで活発な動きとなるため卵子に到達する可能性が上がり、男の子が産まれやすくなると言われているのです。

男の子がほしいのであれば、
男性にセックスの30分ほど前に
一杯のコーヒーを飲んでもらいましょう。

ただ、カフェインを摂取しすぎると
精子の遺伝子を損傷してしまうという研究報告もあります。

コーヒーで産み分けるにしても、
飲む量は3杯程度までにとどめてください。

過剰な摂取は体にもよくありません。
逆に女の子がほしいときは、
朝のうちからコーヒーを控えてもらうように伝えましょう。

男性はコーヒーを飲むことで
精子が活発となりますが、
女性がコーヒーを飲むと
精子の着床率が低下してしまうと言われています。

妊娠後のカフェイン摂取も控えるべきですが、
妊活中の摂取も同じように控えておきましょう。

ノンカフェインのお茶やコーヒーもあるので
成分を確認して飲む習慣をつけてみてください。

ほかにもある!産み分けジンクスをチェック!

子どもが欲しい女性であれば、
大抵基礎体温を計っているのではないでしょうか。

この基礎体温は実は産み分けにも有効です。

男の子が欲しい場合は排卵日当日、
女の子が欲しい場合は排卵日の2日前に
タイミングをとると良いという説があります。

基礎体温を計っていれば自分の排卵日を知ることは容易ですので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク



 

コメントを残す