スポンサードリンク

出産で痔にならないための予防法は?

827df8fe0526c6ccc34fe34792c22e11_sそれまでに痔とは縁がなかった女性でも、

妊娠から出産に至るまでに痔を経験してしまう女性はとても多いです。

原因は、便秘や下痢といった排泄関係のトラブルや、出産の際のいきみ。

そして妊娠をしたことが原因となる場合もあります。

妊娠した女性にとって身近なものとなる痔について、
その予防法などをお伝えしていきます。

スポンサードリンク



出産で痔にならないための予防法を紹介!

痔になる原因として一番多いのは「便秘」です。

妊娠するとホルモンバランスが変化して便秘になりやすくなると言われています。

水分をしっかりと摂取して栄養バランスを考えた食事をしましょう。

香辛料の過剰な摂取は肛門の炎症につながりやすいので、適量を心掛けてください。

便秘の予防には食物繊維と乳製品も有効なので、積極的に取り入れてください。

妊娠中の痔は
そうした一般的な便秘対策を取り入れることで予防することは可能です。

ですが出産時に痔になってしまう主な原因は「いきみ」によるものなので、自力で予防するのは少し難しいです。

少し抵抗があるかもしれませんが、
あらかじめ看護師や助産師に出産中に肛門を押さえてもらえるか聞いてみましょう。

押さえてもらうことで出産自体も楽になりますし、相手もそれを理解しています。
出産時の痔の予防は、押さえてもらうのが一番です。

もしも痔になってしまったら…自然治癒は可能?治し方は?

痔の原因や症状によっては自然治癒も可能です。

食生活などの生活習慣が原因となったものなら、それを改善することで自然治癒する場合があります。

ですが、自分では治ったと思っていても内部で隠れて見えにくく、油断しているとすぐ再発ということがよくあります。

市販の塗り薬で症状の改善は期待できますが、
妊娠中や授乳中は薬に対してデリケートになるのではないでしょうか。

放置して悪化してしまっては治療に時間がかかってしまい、場合によっては手術ということもあります。

自分で痛みが強いと感じたら無理をせず、医療機関を受診して適切な処置を受けましょう。

スポンサードリンク



 

コメントを残す