スポンサードリンク

新築祝いのマナー!のしの名前はどう書くの?

会社の上司や同僚が家を建てたので
新築祝いを贈らないといけない。

そんな時に
新築祝いののしに書く名前って
どう書くのか迷うことありませんか?

それでは新築祝いに付ける
のし書き方について見てみましょう。

スポンサードリンク


新築祝いの「のし」の名前の書き方は?

名前の書き方はのしの水引の下に縦で書きます。

新築祝いを贈る場合の
名前の書き方には決まりがありますが
個人の場合はフルネームで書き

夫婦の場合は
御主人の横に連名として
名前のみを左側に書き添えます。

 

複数人で名前を書く場合は
右から左に格上、年長者から順番に書きましょう。

 

それ以外の場合では
単純に五十音順に書いて行きます。

新築祝いを贈る人が4人以上の場合は
のしに書き込めなくなってしまうのを防ぐために

代表者の名前のみを書いて
その左横に外一同と書き添える方法もあります。

 

団体名で贈る場合は(団体名)一同と書きます。

 

忘れてはいけない事は
外一同と書く場合も
(団体名)一同と書く場合も
のしの中に出資した人達の名前を書いた紙を入れておく事です。

 

こうする事で
新築祝いを出資してくれた人達の内訳が
贈る人にわかりますので


相手に余計な心配をかけさせずに済みます。

新築祝いののしは結び切り?蝶結び?

お祝い事に使用するのしは一般的に、
出産祝いなど
何度でも繰り返してお祝いしたいようなことは蝶結び。

結婚式など
一度きりで繰り返したくないお祝い事には
結び切りの水引を使用します。

 

では新築祝いはどうでしょうか?

 

家を何度も建てるという事は
「火事や災害にあって家が無くなってしまう」

なんて連想をして
縁起が悪いと考える人もいるようですが

実は新築祝いに使用するのは
繰り返してお祝いしたい蝶結びを使用するのがマナーです。

新築祝いを送るときにはお間違えの無いようにしてくださいね。

まとめ

新築祝いにつけるのしの書き方や
使用する水引についてご紹介しました。

お祝い事のマナーは何かとややこしいものですが
今回紹介した例を参考にしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク


コメントを残す