スポンサードリンク

結婚式の振袖マナー!気を付けるべきたった2つのこと

b583e26d8c8d1790837857550fa3e068_s

結婚式にお呼ばれしたとき
未婚の女性であれば

「成人式以来タンスの肥やしになっている振袖を着て出席したい!」

そう思う人もいるでしょう。

お子さんがいるのであれば
「娘に振袖を着せて行きたい」

と思っているママさんもいるかもしれませんね。

ただ、慣れない振袖を着ていくことに不安もあるのではないでしょうか?

そんなあなたのためにここでは
結婚式にお呼ばれされた時の
振袖マナーをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


まずは振袖の種類をチェック!

「振袖」といっても種類があるのをご存知でしょうか?

基本的には3つの種類に分類することができます。

まずは振袖の種類を確認しておきましょう。

あなたが結婚式に着ていく予定の振袖はどれでしょうか?

大振袖

大振袖は振袖の中でも一番格式が高く
未婚女性の第一礼装となります。

袖丈が114㎝と長いのが特徴です。

結婚式で花嫁さんが着る場合は着用を避けましょう。

中振袖

中振袖は袖丈が約100㎝のものを指します。

未婚女性の準礼装になります。

成人式でよく着られているのは中振袖が多いですね。

中振袖も花嫁さんがお色直しで着る可能性があるので、
結婚式のお呼ばれに着ていくときは
色がかぶらないように配慮しましょう。

小振袖

袖丈が85㎝くらいの振袖を小振袖といいます。

卒業式でもよく見かけますね。

ちょっとしたお出かけやパーティに着ていくことができます。

10代の若い女性であれば結婚式にも着ていいでしょう。

結婚式の振袖マナー!気を付けるべきたった2つのこととは?

それでは
結婚式のお呼ばれに振袖を着ていくときに
気を付けるべきマナーについてチェックしておきましょう。

振袖の色選び

白は花嫁さんの色なので結婚式に白い色の服はNGです。

ただ、着物の場合は白を着ても問題ありません。

結婚式では黒い服装もNGといわれていますが
着物の場合は白同様に大丈夫です。

ただ黒の場合は、
地味になりすぎないように小物選びにも気を使いましょう。

アクセサリー

続いてアクセサリーマナーです。

振袖を着たときは
ピアス、イヤリング、ネックレス等の
アクセサリーは付けないのがマナーです。

最近では、
小さく控えめなピアスであれば
問題ないという風潮もありますが

格式の高い結婚式の場合は
外していった方がいいでしょう。

腕時計もマナー違反になるので気を付けてくださいね。

結婚式に振袖を着ていくなら立ち振る舞いにも気を付けて

ゲストに振袖を着ている人がいると
会場が華やかになるので新郎新婦にも喜ばれるでしょう。

ただし、
よくも悪くも目立ってしまうという点も否めません。

姿勢が悪かったり、
大股で歩いていたりすると

洋服を着ているときよりも悪い部分が目立ってしまいます。

お呼ばれに振り袖を着ていくのであれば
所作にも気を配るようにしてくださいね。

参考になれば幸いです。

 

スポンサードリンク


 

コメントを残す