スポンサードリンク

結婚式のご祝儀マナー!親族の場合の相場を解説

2017y05m25d_102829322

結婚式にお呼ばれされたら

「ご祝儀ってどれくらい包めばいいの?」

と悩んでしまいますよね。

特に親族の場合は
その後の付き合いもあるので
恥ずかしい金額を包んでしまう事のないように
気を付けたいもの。

ここでは
親族の場合の結婚式のご祝儀相場について
おはなししていこうと思います。

スポンサードリンク


結婚式のご祝儀相場!親族の場合

親族の結婚式のご祝儀相場ですが
一人で出席する場合と夫婦で出席する場合、
それぞれのケースで見ていきましょう。

ここでは最低額を紹介していますが
新郎新婦とのお付き合いの深さや
渡す側の年齢によって金額は高くなります。

一人で出席する場合 夫婦で出席する場合
兄弟 5万~ 10万~
祖父母 5万~ 10万~
叔父叔母 3万~ 5万~
いとこ 3万~ 5万~
姪・甥 3万~ 5万~

  

ちなみに親のご祝儀に関しては

10万円くらいという人もいれば
100万円という人もいて

さらに、
「親は新郎新婦と一緒にゲストをもてなす立場なので祝儀は不要」
という考えの方もいます。

家庭による考え方によって大きく変わりますね。

結婚式に遠方から出席する場合のご祝儀の金額は?

遠方から結婚式に出席する場合
交通費や宿泊代等で数万円の出費になることもありますよね。

新郎新婦がお車代として負担してくれる場合もありますが
全額負担してくれるケースもあれば
半額負担してくれるケース、
また、お車代は出ないというケースもあるでしょう。

結婚式に駆けつけてお祝いしたい気持ちはもちろんあるけれど

「正直、その出費は厳しい…」

なんてこともあるのではないでしょうか?

ですがマナーとして、
ご祝儀はご祝儀で相応の金額を包むべきです。

「出費分をご祝儀の金額から差し引いたらだめかしら?」

「きっと相手もわかってくれるよね」

と、ご祝儀から交通費を差し引いて渡すことのないようにしてくださいね。

結婚式のご祝儀マナーをチェックしよう!

続いてご祝儀を渡すときのマナーについても見てみましょう。

ご祝儀袋の厚紙ってどうしたらいいの?

ご祝儀袋を購入した時、中に厚紙が入っていませんでしたか?

「これってこのまま渡すもの?」

と疑問に思った人もいるはず。

ところが、この厚紙を入れたまま渡してはいけないんです。

ご祝儀袋の中に入っている厚紙は
お店で並べるときに見栄えをよくするためや
購入前にご祝儀袋が折れてしまうのを防ぐために入っているのです。

ですから
ご祝儀を渡す前にきちんと厚紙は抜いてから渡すようにしましょう。

ご祝儀を渡すときにふくさなしってダメ?

結婚式でご祝儀を出すときには
ふくさに包んで持参するのがマナーです。

ご祝儀をバッグから直接出しては
見栄えも悪いですし
バッグの中で祝儀袋が折れてしまったり
汚れてしまう可能性もあるので

ちゃんとふくさに包んで持っていくようにしましょう。

くれぐれも、
ふくさなしでご祝儀を出すことのないようにしてくださいね。

「ふくさがない」

という場合はハンカチで代用してもいいでしょう。

包み方はこちらの動画を参考にしてください。

まとめ

結婚式のご祝儀相場や渡すときのマナーについてご紹介しました。

結婚式のご祝儀に関しては親族間で
決まっていることもあるので
まずは周りに聞いてみて金額を合わせることも大切です。

参考にしてくださいね。

スポンサードリンク


 

コメントを残す