スポンサードリンク

法事での香典マナー親の場合の金額はいくら?

2017y03m15d_111811977
法事に出席する際に必要になるのが香典ですが

香典をいくら包めばいいのかって
悩んでしまいますよね。

故人との関係性によっても香典の金額は変わってくるものですが
故人とあなたとの関係が親子だった場合どうなるのでしょうか。

そもそも自分の親が亡くなった場合にも出すべきなのでしょうか。

今回は親の法事の時の香典マナーについてチェックしていきましょう。

スポンサードリンク


法事での香典マナー親の場合の金額は?

親の法事の香典ですが、

「親の法事に香典は必要ないんじゃない?」

と思っている人もいるようです。
ただ、故人が自分の親であっても
自分が喪主の場合を除いて基本的に香典は必要です。

喪主である場合は香典を受け取る側になり、
結婚している場合は喪主の夫または妻も同様です。

 

喪主以外で故人との関係が子に当たる人は香典を出し、
結婚している場合はその配偶者も合わせて1家につき1つ出します。
しかし葬儀では、
親の葬儀に子が香典を出すのはどうなのかという意見もあり、
子の間で葬儀費用の負担を折半するという形をとる方もいます。

その場合は香典を出さないこともあります。

  • 葬儀費用を兄弟で折半して出すのか
  • 葬儀費用ではなく香典を出すのか

この辺はトラブルになりやすいので
事前に兄弟でよく話し合っておきましょう。
そして香典の金額の相場ですが、
葬儀と法事、また年齢で違います。

葬儀の場合
あなたの年齢が20代の場合3~10万円、
30代の場合5~10万円、
40代以上は10万円です。

20代は年齢も若く、
仕事での収入の事も含めて低めの金額から良しとされますが、
親の葬式の場合は
大体10万円が基本となります。

結婚している場合でも
香典は1家として出すので二人合わせて10万円となります。

それに加えて供花や供物も贈り、
初七日時にも二人で最低2万円出します。

その後の

  • 初盆(新盆)
  • 一周忌
  • 三回忌
  • 七回忌
  • 十三回忌
  • 三十三回忌

などの法要では、
法要のみの出席であれば1~2万円、
法要後に会食にも出席する場合は
2~5万円くらいを目安に香典を出しましょう。

夫婦で出席する場合には法要のみの出席は2~5万円
会食にも出席する場合は3万円以上を包みましょう。

どちらの香典でも言える事ですが、
「4」「9」等の「死」「苦」を思わせる金額、
また割り切れてしまう偶数の金額は避けるのがマナーです。


2万円・10万円は例外とされますが
それ以外の場合は包む金額にも注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

親の法事の場合の香典は
あなたの年齢によっても金額が変わってきます。

紹介した金額相場を参考に香典の金額を決めてくださいね。

スポンサードリンク


 

コメントを残す