スポンサードリンク




産後の母乳の色が透明、薄い…これって大丈夫?

産後は母乳育児をと考えていたけど、いざ母乳をあげてみると「あれ?母乳の色がおかしいかも?」と感じたことはありませんか?

  • 母乳が透明
  • 色が薄い
  • 黄色っぽい

などなど…
「そもそも正常な母乳の色ってどんな色なの?」という疑問を持つ方も多いようです。
赤ちゃんの大切な栄養である母乳だからこそ、気になるでしょう。

母乳の濃さや色によって、栄養や味に違いはあるのでしょうか?
ここでは、産後の母乳の濃さや色に関する疑問について解説していきます。

スポンサードリンク



産後の母乳が透明・薄いのは問題ない?

251c354f9207da4d0a8507989118e91d_s

産後の母乳が透明だったり薄いと「もしかして自分の食事に問題があるのでは?」と悩むママも少なくありません。

しかし、赤ちゃんが母乳を飲み始めたときは、まず薄い母乳が出てくるものです。
そして、さらに飲み続けると濃い色の母乳に変わってきます。

ですから、母乳の色が透明だったり薄いことは異常ではありません。

透明・薄い母乳の役割とは?

79dadb2be3a63ef07c3193e1f35a4678_s

「産後の母乳が透明っぽいのは問題ない」

そうはいっても、色が薄かったり透明の母乳だと、なんだか栄養がなさそうな気がしませんか?

飲みはじめの薄い母乳と、そのあとの濃い母乳には、以下のような違いがあります。

  • 透明っぽい薄い母乳:水分が多い
  • 濃い母乳:タンパク質などの栄養がたっぷり

大人でも、のどがカラカラの状態では、せっかくのおいしいごちそうがのどを通りません。

それと同じで赤ちゃんも、栄養たっぷりのおいしい母乳の前に、水分たっぷりの母乳でのどを潤して、それからごちそうを食べるのです。

色によって味も違う?おいしい母乳とは?

874ef1cd3f5b388dc7f7694728dd6f70_s

同じママの母乳でも、役割によって色が変わってきますが、おいしくない母乳や悪い母乳があるのも事実です。

それでは、どんな母乳がおいしくていい母乳なんでしょうか?

<おいしい母乳>

  • 青みがかった白い色
  • 大人が飲んでもさっぱりしていてほんのり甘い

<まずい母乳>

  • 濁りのある白い色
  • 味は渋くてしょっぱい

母乳の色はママの食事や体調によっても変わってくるので、この色だからいい、悪いという判断は難しいかもしれません。
気になるようであれば、搾乳して自分で味見をしてみましょう。

おいしい母乳を作るためには、母乳育児をサポートしてくれる小豆茶などもおすすめです。

2017y05m23d_054710997

⇒母乳育児サポート飲料【母なるおめぐみ】の詳細はこちらでチェック!

薄い母乳にも役割がある!

2d02edb3a6893aa1086604d47cc64e47_s

産後の母乳が薄いのは、赤ちゃんの喉を潤す役割があるからです。
飲み続けていると、あとから栄養たっぷりの濃い色の母乳が出てきます。

また、ママの食事や生活習慣によって、母乳の味が変わることもあります。
赤ちゃんにおいしい母乳をあげられるように、ママのコンディションを整えておくことも大切です。

関連記事
母乳をたくさん吐く赤ちゃん!病院に行くべき?
授乳してるのに泣きながら怒る赤ちゃん…対処法は?

スポンサードリンク



スポンサードリンク




コメントを残す