スポンサードリンク

産後の母乳の色が透明、薄い…これって大丈夫?

産後は母乳育児をと考えていたけど、
いざ母乳をあげてみると

「あれ?母乳の色がおかしいかも?」

と感じたことはありませんか?

  • 母乳が透明
  • 色が薄い
  • 黄色っぽい

などなど・・・

「そもそも正常な母乳の色って
どんな色なの?」

赤ちゃんにとって
大事な栄養になるものだから、
特に気になってしまいます。

母乳の色によって
栄養や味に違いはあるのでしょうか?

それでは、産後の母乳の色について
みていきましょう。

スポンサードリンク


産後の母乳が透明、薄い場合の原因は?

産後の母乳が透明だったり薄い場合の原因って、一体なんでしょうか?

「もしかして
 自分の食事に問題があるのでは?」

と悩むママも少なくありませんが
赤ちゃんが母乳を飲み始めたときは
まず薄い母乳が出てくるものなんです。

そして、さらに飲み続けると
濃い色の母乳に変わってきます。

ですから、
母乳の色が透明だったり薄いというのは
異常があるわけではないんですよ^^

それでは、
色の薄い母乳、濃い母乳、
それぞれの役割についてもう少し詳しく見てみましょう。

産後の母乳が透明でも栄養に問題はないの?

「産後の母乳が透明っぽいのは問題ない」

とはいっても、色が薄かったり透明の母乳って
なんだか栄養がなさそうな気がしませんか?

実際のところ栄養に問題はないのでしょうか?

まず、母乳を飲み始めたときに出てくる透明っぽい薄い母乳は
水分が多く含まれています。

つぎに色の濃い母乳に変わってくるのですが、これは
タンパク質を含んだ栄養たっぷりの母乳なんですね。

大人でも、のどがカラカラの状態では
せっかくのおいしいごちそうがのどを通りませんよね?

それと同じで、赤ちゃんも
栄養たっぷりのおいしい母乳の前に
水分たっぷりの母乳でのどを潤して
それからごちそうを食べるのだという事なんです。

色によって味も違う?おいしい母乳とは?

同じママの母乳でも
役割によって色が変わってくるという事はおはなししましたが、

おいしくない母乳、
悪い母乳があるのも事実です。

それでは、どんな母乳が
おいしくていい母乳なんでしょうか?

<おいしい母乳>

青みがかった白い色。
大人が飲んでもさっぱりしていて
ほんのり甘い。

<まずい母乳>

濁りのある白い色。
味は渋くてしょっぱい

母乳の色はママの食事や体調によっても変わってくるので
この色だからいい、悪いという判断は
難しいかもしれませんが、

気になるようでしたら搾乳して自分で味見をしてみましょう。

おいしい母乳を作るためには母乳育児をサポートしてくれる
小豆茶などもおすすめです。

⇒母乳サポート飲料母なるおめぐみの詳細を見てみる

まとめ

いかがでしたか?

  • 産後、母乳が薄かったり透明なのは問題ない
  • 母乳の役割によって色が変わる。
  • 気になる場合は自分でも味見をしてみる。

以上参考にしてみてくださいね。

関連記事
母乳をたくさん吐く赤ちゃん!病院に行くべき?
授乳してるのに泣きながら怒る赤ちゃん…対処法は?

スポンサードリンク


 

コメントを残す