スポンサードリンク

雨でも安心♪抱っこ紐の雨よけに代用できるものは?

「今日は雨だから外には出ない!」

なんて子どもがいると買い物や兄弟児の送り迎えなどで雨だから外に出ないなんてことはできませんよね。

ましてやまだ一人で歩けないような子を連れての外出は傘も荷物も持たなきゃいけないし濡れて風邪をひかないようにするのに本当に大変。

「このくらいの雨なら走ればなんとかなる」

一人の時のようにこうはいきませんよね。

まだ抱っこ紐用に雨よけのものを買っていない
どのようなものが便利なのかわからない…
という方に雨対策についてまとめました。

スポンサードリンク


抱っこひもの雨よけに代用できるものは?

毎日雨なわけじゃないし買わずに代用できれば便利ですよね?

大雨ではさすがに心配ですが小雨程度に代用できるものを紹介します。

大きめの傘+お母さんのアウターを反対に着る

大きめの傘は極力前に倒して子どもを雨から守ります。

そして
お母さんの背中が寒いのを我慢して
アウターの背中を前にして反対に着ます。

寒い時期の小雨なら
自分を犠牲にして子どもを雨から守れそうです。

おくるみで抱っこひもの外からカバーする

直接子どもの服が濡れるのを防ぐため
抱っこ紐の外から子供をくるみます。

私は
撥水加工された大きめのおむつがえシートで代用したこともあります。

兄弟児のお遊戯などで使用したポリの衣装を着せる

お遊戯会の衣装などで
ポリ袋で作られた衣装はお家にありませんか?
あれば意外とカッパに代用できますよ。
抱っこ紐の雨よけに代用できるものはこのくらいでしょうか。

夏だと濡れないようにと余計に着せるのは熱そうですし、冬でも着せれば良くても濡れてしまったら寒いし洗濯もかわかないし…代用するのも限界がありそうですね。

雨の日に抱っこ紐でお出かけ!ママが気を付けるべきことは?

雨の日でも買い物の出かけなくてはいけないこともありますよね。

そんなとに注意しなければならないことが沢山あります。

まずは路面が濡れていることです。

抱っこ紐をしていると妊娠中の時のように足元が見えませんよね?

マンホールの上など濡れていると滑りやすい場所がたくさんあります。
濡れているのは外だけではなくスーパーの床も濡れています。
子どもを抱っこしたまま滑ってしまっては大変です!!

滑らない靴を履き注意して歩きましょう。

また、抱っこ紐をして傘をさしている場合も危険です。

車の運転手も雨が降っていると視界が悪くなります。

傘をさしての歩行も視界が狭くなり車の音も聞こえにくくなるので気を付ける必要があります。

買い物帰りには傘と買い物袋で両手をふさがれることになります。

雨で子どももぐずり疲れがたまって注意が散漫してしまうかもしれませんが足元には十分気を付けて歩きましょう。

雨よけカバーを買うなら?選び方のポイントを紹介!

では抱っこ紐の雨よけカバーを買うならどのようなものがいいのでしょうか?

雨よけカバーは抱っこ紐の各メーカーで販売しているものがあります。
使っているメーカーのものであれば確実に取り付けられて安心ですよね。
そのほかには

  • 防寒効果もあるもの
  • ベビーカーにもとりつけられるもの
  • お母さんと一緒にかぶるケープタイプのもの

などいろいろな形、色、デザインのかわいいものがたくさんありました。

抱っこ紐の雨よけを選ぶポイントは
自分のライフスタイルに合ったもの
(ベビーカーを使う、兄弟児がいるなら動きやすいもの)
を選ぶのが一番だと思います。

ちなみに私は冬はアウター着せてから抱っこひもすることが多いので季節問わず使える普通の撥水加工のカバーを購入しました。

今は種類も多くて悩みますが流行よりも自分にあったものを選ぶことをお勧めします。

スポンサードリンク


コメントを残す