スポンサードリンク

出産する病院までの距離が遠い…電車やバスで行くのはあり?


妊娠がわかったら
どこの病院で出産しようか迷ってしまいますよね。

近ければ近い程よいのか?
でも、近くに評判のいい病院がない!
自分の望んでいるサービスのある病院がない!

なら、遠くても大丈夫か?
自宅から遠い場合、
病院外の出産の可能性も考えなくてはいけないのか。

また、臨月になりいつ産まれるかわからなくなると、交通手段についても気になります。

そこで今回は、
出産する病院はどう選べばいいのか?

また、自宅から病院までの距離と交通手段について
ご紹介したいと思います。

これでいつ出産してもばっちりです!

スポンサードリンク



自宅から出産する病院までの距離!近いほうがいいの?

出産する病院までの距離はやはり気になるかと思いますが

単純に近ければいい、遠いと悪いというものでもありません。

出産する病院は後悔しないために、
絶対に満足の行くサービス、設備の場所を選ぶべきです!

ただし、近くに良い病院がないということは十分ありえます。

自宅から病院の距離が近い場合は、
いつ出産しても安心、タクシー代も少ないというメリットはあります。

しかし、
一度病院へ行ったはいいけど、陣痛って引くこともあるんですよね。

病院までの距離が近い場合
子宮口が思ったより開いていなければ
自宅へ戻される場合もあるんです。

病院では、緊張してしまい陣痛が引いてしまう可能性があるので
少しでもリラックスできる自宅の方がいいという理由からですが

これが逆に不安になってしまうことがあります。

そんな時、ある程度距離のある病院であれば
そうそう返されることはないので
かえって安心できるという人もいることでしょう。

ですから病院が近いからいい、遠いと悪いとは
一概に言えないわけですね。

ただあまり遠すぎるのはまた問題です。

初産でいきなり破水して、
陣痛が始まり2時間以内でスピード出産したといった例もありますが
それでも2時間くらいはかかるので

目安として遠くても1時間以内の場所で探すといいでしょう。

出産する病院までの距離が遠い…電車やバスで行くのは可能?

陣痛が始まってから病院までの移動手段ですが

出産の場合、
救急車は基本的には呼んではいけないことになっています。

(地方の場合はよいというケースもあるそうです)

病院への移動は、家族に車で送ってもらうか
それが難しい場合はタクシーにしましょう。

たとえすぐに出産しなくても、
急な破水、強い陣痛、出血など電車やバスは
交通機関を止めたり他の方に迷惑になる恐れもあるので辞めた方がいいでしょう。

ただ、タクシーも近年は
陣痛が始まった妊婦さんは受け入れない会社もあるようなので
事前に使用するタクシー会社が大丈夫か確認するか、
陣痛タクシーを予約した方がよいです。

病院外で出産してしまったらへその緒は自分で切らな方がいいって本当?

へその緒は、基本的に慌てて切る必要は全くありません。

ですから、病院外で出産してしまった際も切る必要はないです。

そして、自分で切らない方がいい理由として、感染症で新生児が死亡するリスクがあるということがあげられます。

昔は、農業用のハサミや調理用のナイフでへその緒を切っていたために、感染症で新生児が死んでしまうことが多かったんですね。

へその緒を切るハサミやナイフを消毒するようになってからは、そのリスクがずいぶん減りました。

けれど、自宅や外出先にそんな清潔なハサミやナイフがあるとは思えません。

ですから、自分で切らない方がよいということなんですね。

もしも、病院外で出産した場合は
へその緒はつながったまま、
赤ちゃんを大判タオルでくるんで
お母さんが抱っこして、胎盤などはバスタオルに包んで病院へ行くのがよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

次のことを心の片隅に留めておいて出産に臨んでくださいね。

  • 出産は、自分の満足するサービスや設備の病院を選ぶ。
  • 病院までの距離は近くても遠くてもメリットデメリットは存在する。
  • 遠くても自宅から病院までは1時間以内の場所にする。
  • 陣痛・破水時は公共機関は使用せず、他人が運転する車に乗車するか、タクシーで病院へ向かうようにする。
  • へその緒は感染症のリスクで新生児が死亡する可能性が高まるので自分では切らない。
  • 病院外出産した場合は、へその緒ごと赤ちゃんをくるんで病院へ向かう。

以上を参考にしてみてください。

スポンサードリンク



 

コメントを残す