スポンサードリンク

女の子の産み分けに飲酒が関係してるって本当?


妊娠を希望している男女にとって
一般的に過度な飲酒はNGとされていますが
適量であれば赤ちゃんにも影響がないとされています。

むしろ適度な飲酒は
リラックスできて気分も盛り上がり
妊娠のチャンスも多くなるかもしれませんよね。

ただ、飲酒が
赤ちゃんの産み分けに影響するとしたらどうでしょう?

女の子を希望して産み分けに挑戦している人であれば
飲酒が女の子の産み分けに影響するという話を聞いたことがあるのではないでしょうか?

女の子の産み分けに飲酒が影響するのかどうか
その真相を詳しくみていきましょう。

スポンサードリンク



女の子の産み分けに飲酒は関係あるの?

「飲酒することで女の子の産み分けができる」というジンクスがあるわけですが

これには何か理由があるのでしょうか。

産み分けの有名な話には、
女性が食べたり飲んだりするものによって

体が酸性やアルカリ性に傾き、
体が酸性の時には、女の子を産み分けできるタイミングだといわれています。

そして体を酸性にするといわれている食品の中にアルコールも含まれているのです。

飲酒により女性の体内が酸性に傾くため、飲酒時に産み分けをすると女の子になるX染色体を持った精子が活動するのに好ましい環境下になるので、女の子の産み分けが可能になるということですが…。

一見、理にかなったような産み分け方法ですが
通常、人の体は常に弱酸性を保っていて

実際は食べるものによって
phが極端に変わるということはなさそうです。

残念ながらこの産み分けについては
研究されていないようなので、
明確な医学的根拠もなく

カップルに飲酒の習慣があってもなくても
女の子が生まれる確率は
自然妊娠と同じく50パーセントだそうです。

確かに、飲酒が宗教的に禁じられている国で
男性の方が多いと言うことは聞いたことがありませんよね。

まとめ

女の子の産み分けに飲酒が影響しているといわれる理由は
飲酒により女性の体が
女の子を妊娠しやすい酸性に傾くから。

ただし科学的、医学的な根拠はなく、
宗教で飲酒が禁じられている国で
男の子の出産率が高いという例もないという事です。

今のところ女の子の産み分けと飲酒の影響は
迷信、ジンクスという事になりますが

女の子を希望しているご夫婦であれば
試してみるのもいいかもしれませんね。

もちろん過度な飲酒はNGですよ^^

スポンサードリンク



 

コメントを残す