スポンサードリンク

泣く?叫ぶ?陣痛の痛みレベルはどのくらい?

b0c14d918b2e6f85eb57c16a7db2dfcc_s

陣痛といえば、とにかく痛い!とよく聞きますよね。

テレビなどでも男性が陣痛を体験できる機械があり
タレントの方が実際に経験し、悶絶しているものもありましたね。

出産を経験した人の話を聞いても

「すごく痛かった、この世の痛みと思えない」

なんて言われたりして
出産を控えている妊婦さんの中には早くも怖くなってしまったという人もいるのではないでしょうか?
 
人によって
泣き叫びながら出産したというひともいれば
無言でじっと耐えていた…なんて人もいるようですが
一体、痛みのレベルってどのくらいなのでしょう。

個人差はあるのでしょうか?

スポンサードリンク



陣痛の痛みレベル例えるなら?

陣痛の痛みレベルをを
言葉で表すとどんな感じになるのでしょうか。

出産を経験した人がよく言うのは

「一か月溜まった便を出す感じ」

「麻酔なしですべての歯を
抜歯する感じ」

「生理痛のひどい感じ」

などですね…。

生理痛は女性でないと経験できないので男性にとっては
想像しづらいかもしれませんが

麻酔なしで歯を抜歯する痛みなんて考えたくもないですね。

また、陣痛の痛みが壮絶すぎて会陰切開(裂傷を防ぐため分娩の際、膣口と肛門の間を切開する処置のこと)は痛くもなんともない
という妊婦さんが多いようです。

会陰切開は普通に考えただけでも痛いですよね。

そのくらい赤ちゃんを産むということは凄いことなんだと考えさせられますね。

陣痛でおしりが痛い!対処法はある?

長時間続く陣痛の中、
おしりが痛くなってしまうという妊婦さんもいらっしゃいます。

陣痛の痛みは腰や骨盤に痛みが来ると言われていますが
赤ちゃんが下がってきますので
肛門が圧迫されて痛むんですね。

お尻が痛むとどうしてもいきみたくなります。

でも子宮口が開いていない状況で無理にいきんでしまうと子宮口が切れ大量出血になるリスクや子宮口がむくんでお産がもっと遅くなってしまうリスクが大きくなります。

そんな時に有効的なのはテニスボールです。

いきみたくなった時に
テニスボールを肛門にあてると楽になるようです。

自分で押すのは難しいので、
旦那さんにやってもらえると助かりますね。

「出産したら陣痛の痛みを忘れた」っていうけど本当?

出産に関するコラムや記事を見ている中で、

「出産を終えて赤ちゃんを抱いた瞬間にケロッと痛みが吹っ飛んだ」

という体験談を見たことはありませんか?

何時間にも及ぶ陣痛をそんなに早く忘れられるわけがない!
と思う方もいらっしゃるでしょうね。
 
しかし、
出産を終えたお母さんの脳内にはたくさんのホルモンが分泌されるため
そのホルモンのおかげで痛みを忘れてしまうと言われています。

また、長い陣痛に耐えた末に
可愛い赤ちゃんに会えたことの感動の大きさで痛みを忘れる方も多いので
やはりホルモンは関係しているのでしょうね。
 
どれだけ辛くても、また出産したい!
という方もいらっしゃいます。

ホルモンが出なければ、
こんな思いもすることもありませんし
理にかなっているのかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

陣痛の痛みレベルについて、色々と紹介しました。 
これから出産を控えている妊婦さんにとって参考になれば嬉しいです。

出産を頑張って乗り越えていきましょう!

スポンサードリンク



 

コメントを残す