スポンサードリンク

ビタミンB12と葉酸の効果って?妊娠中食事で摂るなら何を食べればいい?

妊娠したらいつも以上に
食事や栄養に気を使いますよね。

自分の食べたものが赤ちゃんの成長に
影響するわけですから、それは気になって当然です。

中でも妊婦に必要な栄養素として知られているのが葉酸ですね。

この葉酸と一緒に摂取したいのが
ビタミンB12という栄養素ですが、
今回は
葉酸とビタミン12の効果について
おはなししていきたいと思います。

  • 葉酸とビタミンB12の効果
  • 葉酸過剰摂取の副作用

など、
妊娠中の栄養が気になっているあなたは早速チェックしていきましょう。

スポンサードリンク



ビタミンB12と葉酸の効果って?

まずは、
ビタミンB12と葉酸には
どんな効果があるのかを見ていきましょう。

ビタミンB12は、
造血ビタミンとも呼ばれており
葉酸と一緒に摂取することで赤血球の
中のヘモグロビンを作り出す作用があります。

ビタミンB12と葉酸を
組み合わせて摂ることで胎児の
脊椎や中枢神経系の成長が促され、
先天性欠損のリスクを減らしてくれると報告されています。

ビタミンB12が含まれてる食事には、

  • 牡蠣
  • しじみ
  • さんま
  • あさり
  • レバー
  • チーズ
  • 牛乳
  • 納豆

などがあります。

次に、葉酸についても説明していきますね。

葉酸は、胎児の先天異常や二分脊椎を防ぎます。

赤ちゃんの細胞を増やし、
臓器の形成には欠かせない栄養素で
細胞分裂が活発な妊娠12週までに一番多く必要とされます。

貧血、胎盤早期剥離や流産の防止にも効果が期待できます。

葉酸を食事で摂るには、

  • 焼きのり
  • 納豆
  • レバー
  • ほたて
  • うに
  • エリンギ
  • えのき
  • モロヘイヤ
  • 枝豆
  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • みかん
  • バナナ

などがあります。

妊娠初期に必要な葉酸の量一日400μg!食事で摂るのは難しい?

妊娠初期に必要な葉酸の量は一日400μgといわれています。

これは、通常の2倍の量になります。

日本の成人女性は普段から
葉酸不足といわれているのに、
つわりで思うように食事から栄養を
摂ることのできない妊婦さんが
通常の2倍もの葉酸を取らなくてはいけないというわけですね…。

ですが、実際食べ物だけで必要量を取るのはとても大変です。

そこで活躍するのがサプリメントです。

葉酸には
食事から摂取できる天然葉酸と
サプリメントから摂取できる合成葉酸があります。

天然葉酸の方が一見良さそうに
思えるかもしれませんが、
厚生労働省ですすめているのは合成葉酸の方です。

実は、
天然葉酸は半分ほどしか体に吸収されないのです。

サプリメントの方が効率よく葉酸を摂取できるんですね!

でも、初めて試すサプリって自分に合うかどうか不安ですよね。

妊娠中は味の好みが変わったり
臭いに敏感になることもあるので
いつも以上に慎重に選びたいところ。

そこでおすすめなのが
返金保証付きのサプリメントです。

万が一合わないと思ったら
10日間の間であれば返金対応してくれるので安心して試すことができます。

⇒返金保証付きサプリメントを見てみる。

妊活中から妊娠中、産後のママにまで
必要な葉酸をはじめとする栄養素をしっかりとることができます。

葉酸は食事で摂る?サプリメントで摂る?摂りすぎるとどんなリスクがある?

葉酸はサプリメントの方が
効率よく吸収されるわけですが、
葉酸の摂りすぎにも注意が必要なんです。

葉酸摂取量の上限は一日1000μgで
過剰摂取により副作用が起きるとの報告もあります。

主な副作用として、

  • 食欲不振
  • 吐き気
  • むくみ
  • 不眠症
  • 発熱を伴う蕁麻疹

このような症状が出ることがあります。

ですから葉酸の摂取量を守ることが大切なんですね。

まとめ

いかがでしたか?

  • ビタミンB12と葉酸を一緒に摂取することで造血作用がある。
  • 妊娠中は吸収率のいいサプリで葉酸を摂取する。
  • 過剰摂取は副作用の心配もあるので注意!

以上、参考になれば幸いです。

スポンサードリンク



コメントを残す